倉科カナ、同郷同年齢の“夫”高良健吾は「同志」

2018/03/15
石井隼人

高良健吾と倉科カナが14日、都内で行われた熊本県による復興支援ドラマ「ともにすすむ サロン屋台村」の舞台挨拶に参加した。

高良と倉科は同じ熊本県出身で同い年だが、今回が初共演。2016年に発生した熊本地震を振り返り、倉科は「ニュース速報を見たときは目を疑ったし、頭が真っ白になった。時が止まったようで、生きた心地がしなかった」と沈痛な面持ちで回想。当時、高良が自発的に被災地に入ったことを知り「私も連れて行ってほしいと思うくらい、何もできない自分に負い目を感じた」と心境を告白した。

それだけに今回の復興ドラマへのオファーは「何か自分もできないかと思っていた時だったので、協力できてよかった」と喜び、高良との夫婦役での共演には「同い年でお互い同じ時期からこの仕事をしているので、同志のように感じていました。熊本を舞台にした作品で共演ができたのは意味のある事だと、とても嬉しかった」と念願叶った様子だった。

それは高良も同じようで「高校の時から知っていたし、同郷で同級生。そんな方と仕事ができたのは嬉しい。お互い高校生の時に仕事を始めているし、そんな方と夫婦役を務めるというのは“縁”」とシミジミしていた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop