二階堂ふみがエロチック手塚治虫映画ですごいことになるようです

2018/11/21
石井隼人

てーへんだ!てーへんだ!フーテンだ!フーテンだ!なんかエロスを感じてしまう女優の二階堂ふみが、日本を代表する漫画家・手塚治虫によるカルトエロチック漫画『ばるぼら』の初映画化ですごいことになるみたいだぞ!主人公を演じるのは、新しい地図俳優の稲垣吾郎だ! 

20日に都内で行われた「手塚治虫生誕90周年記念会式典」内で発表され、稲垣、二階堂、手塚治虫の息子でメガホンを取る手塚眞監督が出席した。

耽美派小説家・美倉洋介(稲垣)が、謎の美少女・ばるぼら(二階堂)に出会ったことからエロチックな迷宮に迷い込んでいく様を描く内容で、同名原作漫画は超問題作として知られている。その独特な世界観から映像化不可能と言われてきたが、手塚治虫生誕90周年の節目に日本・ドイツ・イギリスの製作陣が集結し、実写映画化が実現したゾ!

美倉を混乱させる自堕落なフーテン美少女役の二階堂は稲垣とは初共演!「稲垣さんは文学を感じる方というか、初めて難しい本を手に取ったときのような感覚があった。だから知りたいと思うし、自分の未熟さや大人になり切れていない部分を感じさせてくれる。稲垣さんとお芝居を一緒にしていると、自分の中に眠っているばるぼらを起こされるような感覚があった」となんかすごいことを言ってる!

運命なのか、二階堂の父親が手塚治虫好きだとな。でも今作はその表の手塚治虫とは違う、アダルトな手塚治虫を垣間見ることができるそう。「だから難しくて、怖くなる感覚があった。どっちの手塚先生が本当なのて?って。撮影中はスタッフと『これは黒い部分の手塚先生だね』と話していた。みんなで答えを探しながらやっていました」と意味深なり。

一方の稲垣は「愛がむき出しになった僕の姿を楽しんでいただけるはず」とニヤリとし、「撮影中は夢のような、現実とは思えないようなフワフワした時間だった。それに誘ってくれたのは、ばるぼらを演じた二階堂さん。その感覚は今までに経験したことのないもので、二階堂さんは僕を演技で引っ張ってくれた」とこっちもなんかすごそうなことを言っている!2019年公開!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop