エンターテイメント和太鼓集団・「DRUM TAO」2018年の新作が5月に大分県、7月に東京で開幕!

2018/05/14
マガジンサミット編集部

世界観客動員800万人に迫る和太鼓エンターテイメント集団「DRUM TAO(ドラムタオ)」の2018年の新作が遂に完成。この度全国ツアーがスタートしました。5月11日に行われる大分県での開幕を皮切りに全国を回り、7月19日(木)~27日(金)には東京・豊洲PITにて東京公演を開催します。

「DRUM TAO」は「和太鼓」を驚異のパフォーマンスで表現し、「THE日本のエンターテイメント」として世界で称賛されているエンターテイメント和太鼓集団。2016年のオフ・ブロードウェイでは全公演SOLD OUTを達成。 2017年には、世界5カ国でワールドアルバムランキングTOP3入りを果たしました。現在国内外あわせて年間約400公演を行なっています。

【(c)DRUM TAO】

新作「RHYTHM of TRIBE~時空旅行記~」は、日本の伝統芸術をさらに進化させたエンターテイメントとして、SAMURAI達が過去と現在、未来を行き交う魂の旅をテーマに表現。和太鼓を中心に篠笛・三味線・琴などを用い、想像を超える「最新の日本エンターテイメント」となっています。国籍もジャンルも越えて鳴り響くリズムにのって、心は躍り、身体を揺らすこの夏の注目作です。

【(c)DRUM TAO】

本作では映像クリエイティブ集団ZERO-TENが、映像制作を担当。プロジェクションマッピングによる映像で、舞台を異空間にいざないます。さらに衣装を手掛けるのは、今年で7年目となるコシノジュンコさん。コンセプトのトータルプロデュースは、音楽・映画・美術・舞台など幅広いジャンルに造詣の深い立川直樹さんが手掛けています。

公演の詳細は公式サイトにて

http://www.drum-tao.com/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop