30歳で急逝した三浦春馬さんへ…新田真剣佑が思い出と思い入れを吐露

2020/12/15
石井隼人

故・三浦春馬さんが出演している映画『ブレイブ-群青戦記-』(2021年3月12日公開)の製作報告会見が14日都内で行われ、新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之(劇団EXILE)、渡邊圭祐、本広克行監督が出席した。

三浦さんとの撮影中のやり取りを聞かれた新田は「ありました、ありましたね。沢山いろいろなことを喋りました…」と悲しそうな表情で沈黙して「次の(質問)…」と司会者を促して多くを語らなかった。

しかし最後の挨拶では「役者になりたいと思ったきっかけをくれたのは、三浦春馬さん」と思い入れを明かし「一緒にお芝居をしていたあの頃の自分がどう思ったのか…。夢である共演をさせていただいて、自分の役者人生の中で大切でずっと忘れることのできない経験であり、宝です。大好きな春馬さんの最高の映画を、春馬さんにも届けられるのではないかと思う」とシミジミ口にしていた。

異色の部活&青春&歴史作品として熱狂的なファンを獲得した人気コミック「群青戦記 グンジョーセンキ」の実写映画化。高校生アスリートたちが、仲間を守るために生死を賭けた戦いの中で成長していく姿をアクション満載で描く。三浦さんは、のちの徳川家康である松平元康を演じている。

撮影は昨年12月から1月にかけて行われた。極寒の撮影を振り返り、新田は「極寒の中で甲冑を着ているので、その甲冑も外に出ているだけで冷たくなるので体も冷える。なので温かいご飯は最高でした」とケータリングに感謝していた。

一方、渡邊は「本番前からアクション稽古があって、そこで大切にしたのは部活感です。部活の一団結する空気感を大切にしたかった」というも、ヒール役ゆえに「…それをはたから見ている役柄でした。とにかくお三方の仲がいい!僕は非常に寂しい思いをした撮影期間でした」と寂しそう。しかしすかさず山崎から「え!?休憩時間に沢山話をしたじゃん!」とウソを指摘されていた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop