売れっ子・松本穂香、「冷凍マグロ」だった高校時代の青春プレイバック

2020/06/30
石井隼人

松本穂香と金子大地が、緊急事態宣言が解除された今だからこそのイベントで色々と語ったぞ!

それは6月29日に都内で行われた映画『君が世界のはじまり』(7月31日公開)完成記念トークイベントでのこと。主人公のえんを演じた松本は「自分とは全然違う」といい「私は親に対してモヤモヤしたり、言葉にできないイライラじゃないけど、愛情があるからこそツンツンしちゃうところもある」と両親ツンデレ対応を告白。

松本とふくだももこ監督は『おいしい家族』に続いて2作目のタッグ。ふくだ監督は「若いキャスト、経験の少ない子も多かったので、穂香ちゃんにもちょっと私のほうに来てほしかった」と現場で女優としてだけでなく演出側の目線を持つことを要求したそう。

これに松本は「前作とは準備段階から全然違って、前回は話し合わないのが正解だったと思うけど、前作のプロモーションなどで一緒に映画祭に行ったりして、人としての関係性が深くなってからの2作目だった。今回は違うやり方がいいんだな、というのが言わなくてもあって、自然とそうなった」と振り返る。

劇中では真夜中のショッピングモールでブルーハーツの楽曲に乗って感情を爆発させる青春満開のシーンがある。最もノリノリだったという金子は「楽しい気持ちや怒り、いろんなことを曲に乗せて爆発させるシーンだったので、すごく緊張感がありました」と明かした。

また自身の松本時代について松本は「私は演劇部だったんですけど、隅っこの視聴覚室でひっそりとやってました。体育館でやっても、音響が悪すぎて全然届かず、ジタバタしてるだけなんです。冷凍マグロの役をやったり、アニメ好きの子が考えた脚本で、私がベルを鳴らしたら時が止まったり。でも人が少ない中でそれでも一生懸命やっていました」と青春時代に想いを馳せていた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop