【宇宙人侵略】SF映画の皮を被った格闘映画『スカイライン -奪還-』

2018/09/27
マガジンサミット 儀保

10月13日から公開の映画『スカイライン -奪還-』。

本作は、SF映画の皮を被った格闘映画である事を宣言します!!一体、どういう事なのか?!ヤバいので、ご説明します!!

アル中刑事、宇宙人と戦う

空から降り注ぐ青い光。その光を見た人間たちが光の中へすい寄せられていく怪事件が発生!!宇宙人による集団拉致事件なんです!!

一方、たまたま地下鉄に乗っていたアル中の刑事とそのグレてる息子。地下鉄で乗り合わせた人々と、宇宙人の襲来を知るんです。そうなんです!!本作で宇宙人と戦うのは、軍隊でも特殊部隊でもなく、アル中の刑事!!

突然のシフトチェンジ!!

息子を宇宙船に連れていかれた主人公は、自ら自主入船。やたらと複雑な宇宙船内をサバイブ!!そこで、残任すぎる宇宙人の真の目的が発覚!!

そんなタイミングで急ではあるんですが、宇宙船がラオスに落下!!そこには、麻薬カルテル組員役のイコ・ウワイスが!!

※イコ・ウワイスを知らない方へ、ご説明させて頂くと、ウワイスはスタントマン兼アクション・コーディネーターというインドネシアの武術家俳優。インドネシアの伝統的な武術=シラットの達人でもあるんです。

さぁ、答えが出ました。ここから物語はSF侵略映画から思いっきり武術系ハードアクション映画へ大きくシフトチェンジ!!あとは、宇宙人の招かざる客として、殴って蹴って殴っての超ハードアクションを堪能する映画に変身です!!

宇宙人をフルボッコ

そんなこんなで、アル中刑事はラオスの地元麻薬カルテル組員たちと共闘。急に宇宙人の戦力が弱まったのではないかと疑いたくなるレベルでフルボッコ!!

大事な事なので繰り返します!!宇宙人をフルボッコです!!

男の子の好きなもの全部のせ!

人間の脳ミソを奪って殺す激ワル宇宙人。頼りない主人公。武術の達人。さらに、クライマックスには、巨大ロボット同士のバトルまで見れちゃいます!!

どうも要所要所で、どこかふざけた雰囲気があるなと思っていたら、エンディングの宇宙人がコケまくるNG集を観て、確信へと変わりました。

色んな意味で贅沢な一本

ただ、B級映画と切り捨てるには、地下通路サバイバル→宇宙船内サバイバル→ジャングルでのガチなサバイバル……と息つく暇を与えない展開。グレてる息子とのドラマ。クオリティの高いCGと着ぐるみ。どれも見応えがあるんですよ!!

1本の作品にこれだけ詰めこんだ映画なんて!!とにかく、贅沢な一本になっています!!

© 2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット 儀保
この記事を書いた人

マガジンサミット 儀保

表の顔はディレクター兼カメラマン。実は、年間700本の映画を観賞する映画好き。どんな作品でもオススメのポイントをピックアップ。映画好きから、普段、あまり映画を見ない方にも、幅広い映画の楽しみポイントをご提供できればと日々邁進中? 映画関連tweetも日々、更新してます @yungibo

マガジンサミット 儀保が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop