最近コーヒーが進化しているらしい…今話題のコーヒーって?!

2016/09/11
放送作家 石橋アキ江

最近『カフェ』なるものが、老若男女問わずトレンドになりました。

色々なカフェにおいてそれぞれが特徴あるコーヒーを提供していますが、最近話題になっているのが「コールドブリューコーヒー」、「ヴァーヴコーヒー」、「サードウェーブ・コーヒー」に「利きコーヒー」。

 

新たなブームを生み出し、雑誌やネットで話題にあがっているコーヒーをご紹介します。

 

NYで話題の「コールドブリューコーヒー」

Instagramより @goodcoffeeme

 

「コールドブリューコーヒー」を簡単に言うと「洗練されたアイスコーヒー」。

 

「コールドブリュー」とは、「水出し」のことを言います。アイスコーヒーは本来、お湯でつくったものを冷やすのが一般的です。そんな中、水で作る「コールドブリューコーヒー」は、手間と時間がかかりますが、酸味や雑味が抑えられ、飲んだ時に甘く感じられるんだそうです。「今ままでの概念を覆すフルーティーですっきりとした味わいのアイスコーヒーは、ブラックでもまるでアイスティーのような軽さ」などと、ツイッターで呟かれるほどの衝撃だそうです。

 

以下のお店でも試せるそうですよ。

 

*GRAMERCY COFFEE 

http://goodcoffee.me/coffeeshop/gramercy-coffee/

 

*GORILLA COFFEE HP

http://gorillacoffee.jp/#/

 

ハリウッド女優も虜になった「VERVE COFFEE ROASTERS(ヴァーヴコーヒー)」

出典:http://vervecoffee.jp/

 

カリフォルニアから「VERVE COFFEE ROASTERS」が、今年の4月に日本へ初上陸しました。2007年に、音楽大学の同級生達が開業した「VERVE COFFEE ROASTERS」は、コーヒー豆の栽培から焙煎方法、抽出と、コーヒーを飲む空間作りにまで拘っています。その拘りは、アメリカ発行のGQ誌にて『ベストコーヒーロースター10』に選出、BEST FOOD AWARDも受賞するほどなんです。上質なコーヒーと心地よい接客、居心地の良さを求め、海外セレブも虜にしているんだそうです。

プラス1リビング2016-08-27 発売号
Fujisan.co.jpより

 

アメリカのコーヒー文化「サードウェーブ・コーヒー」

 

大量生産・消費の時代であった「ファーストウェーブ・コーヒー」は、流通の発達から安価が可能になり、コーヒーをポピュラーな飲み物にしました。そして、品質を重要視する時代であった「セカンドウェーブ・コーヒー」は、カフェオレなどのアレンジコーヒーがポピュラーになっただけでなく、ロゴ付きの紙コップを片手に街を歩くなど、「飲む」とう概念だけでなく「オシャレ」にコーヒーが影響した時代とされました。

 

さらに現在、ハンドドリップでの淹れ方に徹底的にこだわっているのが「サードウェーブ・コーヒー」です。

実はこれ、古きよき日本の喫茶店と同じ。一杯一杯心を込めて淹れられるコーヒーは、まさに、日本の「おもてなし」文化の象徴が入っています。

 

他にも飲み比べできる「利きコーヒー」なども人気を集めているそうです。

 

一杯のコーヒーにもそれぞれ物語がありそうですね。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石橋アキ江
この記事を書いた人

放送作家 石橋アキ江

"テレビ番組、ラジオ番組の構成や脚本を執筆中。 中学校教員として十年以上の経験から、現場で悩みを抱える多くの人達に人生は楽しいものだと思ってもらえる作品を提供したいと日々模索中。参加作品「神秘に触れる夜」「ADVANCE EARTH」「携帯恋愛アプリMYNAME」など。"

放送作家 石橋アキ江が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop