「ジャンプ」と「マガジン」が禁断のタッグ!両誌連載作が無料で読める期間限定コラボサイト爆誕

2019/04/09
佐藤 勇馬

(C)少年ジャンマガ学園製作委員会

集英社と講談社は、出版社の垣根を越えて「週刊少年ジャンプ」(集英社)と「週刊少年マガジン」(講談社)などの連載作品を無料で読むことができるWEBサイト『少年ジャンマガ学園』(https://jm-gakuen.jp/)を、4月8日から6月10日までの期間限定でオープンした。長年にわたってライバル関係にあった「ジャンプ」と「マガジン」の夢のタッグに多くの漫画ファンがどよめいている。

両誌史上初のコラボとなる『ジャンマガ学園』では、「週刊少年ジャンプ」「少年ジャンプ+」「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」「マガジンポケット」の計5媒体で連載されている約150タイトル(2019年4月8日時点)を無料で閲覧可能。同サイトは「マンガの学校」をコンセプトにしており、これまでマンガに触れてこなかった若者世代に読んでほしいという狙いから利用者は22歳以下が対象。初めてサイトにアクセスした際に「生まれた年」を入力することで認証する仕組みになっている。

(C)少年ジャンマガ学園製作委員会

「週刊少年ジャンプ」の中野博之編集長は、「マガジンとジャンプがタッグを組んだ!?エイプリルフールみたいなニュースだけど、ウソじゃありません!少年たちにもっとマンガを読んでもらいたい。少年たちをマンガの力でもっともっと幸せにしたい。そんな想いから、世界一面白いマンガ校『ジャンマガ学園』が誕生しました」と夢のタッグ実現の経緯を説明。さらに「授業はオール『マンガ』のみ! 最強の不良とか、 かっこいい能力者とか、 可愛いヒロインにも出会えるかも!? ひょっとしたら君自身が世界を救う鍵かもしれない。さあ、 ふるってご入学くださいませ!」と読者に呼び掛けている。

「週刊少年マガジン」の栗田宏俊編集長は、「ライバル同士がタッグを組むなんてまさに少年マンガみたいなことが起こってしまいました!昨日の敵は今日の友 心強い相棒です。僕個人としては大っぴらにジャンプが読めて嬉しいです!」と熱いコメント。続けて「皆さんも僕らと一緒に『ジャンマガ学園』を楽しんでください。 ぜひ友達にも勧めてくださいね。 それでは2か月間、 よろしくお願いします!」とアピールした。

また、同サイトではユーザーがSNS上で楽しむことができる「学校行事」を開催。1作品を読んで次の人につなぐ「マンガリレー」や、両誌の連載作品への熱い想いをTwitterに投稿する「読書感想文コンクール」、Twitter上に投稿された「ジャンプとマガジンの連載作品キャラクターが切磋琢磨しながら過ごす学園生活」をテーマにしたイラストを両誌編集長らが審査する「イラストコンテスト」などが企画されている。詳細や最新情報は『少年ジャンマガ学園』の公式サイトや公式Twitter(@jm_gakuen)で確認できる。

(C)少年ジャンマガ学園製作委員会

「ジャンプ」と「マガジン」が夢のタッグを組んだ『少年ジャンマガ学園』は、4月8日から6月10日の期間限定で公開中です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

佐藤 勇馬
この記事を書いた人

佐藤 勇馬

新宿・大久保在住のフリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にスカウトされて以来、芸能、事件、ネットの話題、サブカル、漫画、プロレスなど幅広い分野で記事や書籍を執筆。著書に「ケータイ廃人」(データハウス)「新潟あるある」(TOブックス)など。 Twitter:ローリングクレイドル

佐藤 勇馬が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop