安達祐実、尾野真千子、えなこが登場、「アサヒカメラ」7月号は人物撮影特集

2018/06/20
マガジンサミット編集部

雑誌「アサヒカメラ」7月号が6月20日に発売となりました。「アサヒカメラ」は、アマチュアからプロまでを対象とした総合写真雑誌。写真作品を紹介するページだけでなく、機材や撮影技術の情報も掲載されています。今号の表紙は写真家のハービー・山口さんが、モデルの杉田友里さんを撮り下ろしました。

巻頭特集は「人を撮るとはどういうことですか?」。全160ページに及ぶ人物撮影特集となっており、立木義浩さん、ハービー・山口さんといった撮影のプロから若手まで、さまざまな写真家たちが「いい作品づくり」のヒントを授けてくれる、撮影が上達するためには必見の特集となっています。

ポートレートはもちろん、スナップ、ドキュメンタリーの分野を代表する写真家24人が、撮影ノウハウを披露。「時代の記録としての写真とはどんなものなのか?」「被写体とのコミュニケーションをどう取るべきか?」「街角スナップで「いい瞬間」を逃さない方法は?」など、具体的なノウハウが掲載されています。

そして、川島小鳥さんが女優・尾野真千子さんと台湾、奈良を巡って撮影したグラビア「つきのひかり あいのきざし」を先行公開。さらに写真家・桑島智輝さんが「妻を撮る」をテーマに作品を披露。妻・安達祐実さんを激写しています。他にもコスプレイヤー・えなこさんのフォト&インタビュー。SILENT SIRENのすぅさんも登場と、豪華メンバーがそろい踏みです。

「アサヒカメラ」2018年7月号は6月20日(水)発売です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop