綾瀬はるかがドラマアカデミー賞で主演女優賞を受賞。「陸王」は三冠達成

2018/02/16
マガジンサミット編集部

2月公開の映画「今夜、ロマンス劇場で」で主演を務める綾瀬はるかさんが、2月14日発売の雑誌「週刊ザテレビジョン」に登場しました。同誌では第95回ドラマアカデミー賞が発表され、綾瀬さんはドラマ「奥様は、取り扱い注意」の伊佐山菜美役で、見事主演女優賞に輝いたことから登場しました。

ドラマアカデミー賞は1994年に創設され、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNO.1を決定し、毎年4回、1クールごとに実施されます。第95回となった今回は、池井戸潤さんの原作ドラマ「陸王」が 最優秀作品賞、主演男優賞、監督賞の3冠 に輝きました。

同誌ではドラマ「陸王」で老舗足袋製造会社の社長・宮沢 紘一役を演じた主演の役所広司さん、プロデューサーの伊與田英徳さん、監督の福澤克雄さんら受賞者のインタビューも掲載しています。

そしてさらに、助演男優賞は、大河ドラマ「おんな城主直虎」で小野但馬守政次役を演じた高橋一生さん、助演女優賞は、宮藤官九郎作の罪を犯した5人の女と一人の女刑務官による復讐劇「監獄のお姫さま」で若井ふたば役を演じた満島ひかりさんが受賞。ドラマソング賞は嵐のDoors ~勇気の軌跡~に決まりました。

綾瀬はるかさんが登場する「週刊ザテレビジョン」は2月14日より発売中です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop