今夏必需品はボブ・マーリー?伝説的レゲエミュージシャンの魂詰め込んだイヤフォン&スピーカー今夏発売

2018/06/29
石井隼人

夏だ!海だ!でも肥満体だ!これはマズイ!湘南ビーチでガールの目を釘付けにするような、巷でいうところのグッドルッキング・ガイになるって、ラストサマーに決めたんだから!

ということで、買い揃えました。ジョギングセット一式を。さっそく携帯音楽プレイヤーを相棒に、大好きなレゲエミュージックを聴きながら川沿いを走っています。レゲエミュージックといえばこの人、レジェンドミュージシャンのボブ・マーリー。マーリーのノリのいい楽曲をお供にすると、どこまでもガンガン走れちゃうから不思議。

いや厳密にいうと、ノンストップマインドとは裏腹に何度か足を止めています。なぜなら耳から外れちゃうからなんです、イヤフォンが。体の振動に合わせて動くイヤフォンから伸びたケーブルも非常に気になる。特に運動中は汗ばんだ体に張り付いたりして、掻きむしりたくなりますよね。

「なんかいいものないかなぁ~、怖いなぁ~怖いな、怖いな~」と稲川淳二語調で呟きつつググってみたら、とんでもないものがヒットしたのです。そうボブ・マーリーです。その名もWireless Earphone “UPRISE”。「どこがマーリーやねん!」と思った方、説明しますからご安心ください。

皆さん、ご存知ですか?あのレジェンドレゲエアーティスト、ボブ・マーリーの普遍的な愛や音楽、そして自然や生命に対するリスペクトをマーリーファミリーが具象化し、素材と環境に配慮した製品を作ることをモットーにしたオーディオブランド「House of Marley」というレジェンダリーな存在を。 

“UPRISE”は、そんな「House of Marley」が初めて製造する、スポーツ用ワイヤレス・イヤフォン。リサイクル加工で作ったREGRINDのシリコンを採用するのはもちろんのこと、リサイクル可能なアルミニウムの素材、天然繊維のナチュラルファイバーを使用するなど、徹頭徹尾地球に優しい素材で形作られています。さらに「IPX5」という基準をクリアした高耐性能ぶりで、雨や汗があたる環境下でも、安定した音を楽しむことができるのです。

イヤーパーツは、走る際の上下の動作でもずれにくく、高いフィット性のあるハンガーフック。ケーブルも柔らかいファブリック素材を使用し、首まわりの擦れや違和感をおこさない設計に。しかもランニングシーンだけではなく、ジムでの使用・通勤時の使用など多彩なシーンに応じたカスタムも可能。付属のパーツを組み合わせることで、自身のライフスタイルに最も適した形にトランスフォーム!見た目がカッコいいと、楽曲もより一層イカして聴こえるってなぜだろうか。 

これだけじゃーござーせん!同ブランドからはBluetooth Speaker “NO BOUNDS”も今夏発売。地球環境に優しいリサイクル可能なコルク素材を使用したNO BOUNDSスピーカーシリーズで、本体はリサイクル加工で作ったREGRINDのシリコン、ケースはオーガニックコットンや麻などREWINDのファブリック素材を採用するなど、「素材と環境に配慮した製品を作る」というモットーに一点の偽りなし。

地球に優しい人は、生きとし生けるすべてのものに優しんだ!

“UPRISE”を耳に、“NO BOUNDS”をバックの中に。これで走ったら超カッコよくね?ていうか、これを身につけていれば何もしなくてもカッコよく見えんじゃね?…ということでジョギングやめました。ボブ・マーリーの肖像がデザインされたTシャツを着て、“UPRISE”と“NO BOUNDS”を携帯しながら浜辺を歩いたら、これ一発っしょ?

ありがとう、House of Marley!ありがとう、ボブ・マーリー!グッドルッキング・ガイじゃない、今日から俺はボブ・マリオだ!

HP:https://thehouseofmarley.jp/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop