悪用厳禁!!男をその気にさせてしまう【禁断テクニック】

2016/09/13
naokiyama

旅行にいきたくなる秋。こんな時期に気になる男友達からデートのお誘いを受けたら、ドキドキしてしまう女性も多いのではないでしょうか。とはいえ、自分から積極的にいくのは恥ずかしいし、やっぱり男性から告白してほしいという人も少なくないはず。

 

そこで今回は、意中の彼をドキッとさせて、相手に告白してもらう悪用厳禁の“女のしぐさ”をご紹介しましょう。

 

「耳にそっと髪をかける」

男とは「視覚」で恋する生き物です。

脳の「島皮質」という視覚に関する部分が活性化するためで、男性が雑誌のグラビアページを見てドキドキするのも、視覚情報によって性的興奮が高まるから。

 

そして、「耳に髪をかける」というしぐさも、まさにこれと同じなのです。

つまり、女性の長い髪の毛が男にとってのセックスシンボルであり、色っぽさを感じさせやすいといえます。

 

髪を束ねるしぐさ、うなじがチラっと見えたりするしぐさに、喜ぶ男性が多いのは、そうした事情なのです。

 

「上目遣いで顔をのぞき込む」

「パーソナルスペース」というものをご存じですか?

簡単にいえば、人と人との適度な距離感です。たとえば、仲のいい友人同士で会話をするときには1.2mくらいの距離感を保っていますが、親密な関係の場合、二人の距離は45cmくらいにまで縮まります(下記参照)。

 

・密接距離(045cm)恋人の領域

・個体距離(45cm1.2m)友達の領域

・社会距離(1.2m3.5m)知人の領域

・公共距離(3.5m~)大衆の領域

 

このパーソナルスペースを知ったうえで、うまく距離を縮めると、男性の心の中に「もしかして○○のこと好きかも…」という気持ちが芽生え始めます。

手順としては、まず、ふとしたときに男性の目をじーっと見つめてみましょう。

そして、照れて視線をそらしたときには、「えっ、どうしたの?」などと何もわからないふりをしながら、上目遣いで顔を覗き込んでください。

 

おそらく、この段階で、多くの男がタジタジになるはず。そうなれば告白してもらうまで、もう一息です。

 

「服の裾をちょっぴりつまんでくっついていく」

デートの最中や帰り際に試してみると効果的なのがこれです。

某アンケートでは、じつに76%もの男性から「好き」という答えが返ってきた、男なら誰もが憧れるシチュエーションです。

 

コツは服の裾を指先などでちょっぴりつまんで、後ろからくっついていくこと。男性からすれば、(手をつなぎたいけど、ちょっぴり恥ずかしいのかな?)などと妄想が始まり、もはやドキドキが止まらない状態です。

 

女性側にしてみたら、自ら積極的にいかなくても、奥ゆかしい一面とともに自分の好意を伝えることができるので、告白してもらうための“最後の詰め”にぴったりでしょう。

 

もし、好きな人とのデートになったら、うまくこれらのしぐさを取り入れて、相手に気持ちを示してみるのもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いた人

naokiyama

元雑誌の編集担当。政治、経済等。

naokiyamaが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop