休めないビジネスマン必見!登録販売員に聞いた症状別、市販かぜ薬の選び方

2017/03/27
放送作家 石橋アキ江

寒暖差が厳しくなってきたこの時期、風邪をひく方も増えそうですが「最近では病院に行かずに薬局で症状にあった薬を買って治すという方も増えているんですよ」と話してくれたのは都内のドラッグストアで働く登録販売員の方。

 

 

しかし、「風邪にも色々な症状がありますので、用途の違った薬を使用しても意味がないんです」と教えてくれました。そこで今回、風邪の症状別に使ってほしい薬をご紹介して頂きました。

 

熱、頭痛、痛み

出典:http://hc.kowa.co.jp/colgen/

 

解熱作用で有効なのは、「トラネキサム酸」や「イブプロフェン」とよく言われています。これらが入っているものを選ぶといいと思います。

 

出典:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_lulu/

 

また、頭痛や関節痛などには、鎮痛効果・解熱効果を発揮する「ロキソプロフェンナトリウム水和物」の入っている『ロキソニンS』が人気です。

 

鼻水・鼻ずまり

出典:http://benza.jp/index.html

 

「ヨウ化イソプロパミド」や「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」、「ベラドンナ総アルカロイド」は、鼻水や鼻づまりを解消してくれるといわれていますので、これら成分のはいっているものを選んでみてください。

 

咳・たん

 

「コデインリン酸塩水和物」や「ジヒドロコデインリン酸塩」などは、咳を抑える効果があるとされ、「セネガ乾燥エキス」や「グアイフェネシン」などは、タンを薄め排出を促すよとされていますので、これらの成分の入っているものを選んでみてください。

 

また、風邪のひきはじめに『葛根湯』をお探しの方も多くいらっしゃいます。『葛根湯』は色々な会社から販売されているので、薬局にいらして販売登録員に症状をお話の上選んで頂きたいです。症状に合った薬選びをすることも大事ですが、まず風邪を治すために大事なのは、“栄養”と“睡眠”です。

 

ある程度時間をとり、体を休めないとなかなか治らないどころか肺炎になってしまうなど症状を悪化させる場合もありますので気を付けてください。さらに、薬を飲むと眠くなることもありますので、車の運転などには気を付けてください。

 

最近ではドラッグストアの中に調剤室を併設しているところも多く、知識豊富な薬剤師さんに聞くことも簡単になりましたので、副作用のことなども含め、専門家に相談してから市販の薬を買う方法を試してみては如何でしょうか。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石橋アキ江
この記事を書いた人

放送作家 石橋アキ江

"テレビ番組、ラジオ番組の構成や脚本を執筆中。 中学校教員として十年以上の経験から、現場で悩みを抱える多くの人達に人生は楽しいものだと思ってもらえる作品を提供したいと日々模索中。参加作品「神秘に触れる夜」「ADVANCE EARTH」「携帯恋愛アプリMYNAME」など。"

放送作家 石橋アキ江が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop