快挙!L.Aで行われたStreet League Skateboardingで19歳・堀米雄斗が2連覇!

2018/07/09
放送作家 小嶋勝美
写真・HIBRID SKATEDOARDS 早川大輔氏より提供

7月7日にロサンゼルスで行われた世界最高峰のスケートボードコンテストStreet League Skateboarding ロサンゼルスにて、堀米雄斗(19)が優勝!!

今年5月にロンドンで行われたPRO OPENに続き、2連覇を果たした。

ストリートリーグは2本のルーティンと5本のベストトリックの上位4本の合計得点で争われる。大会は年4回開催され、10月に行われるワールドチャンピオンシップにて年間王者が決まる。次の大会はブラジル・リオデジャネイロにて行われる(現時点で日程不明)。

9.5ポイントを叩き出したベストトリック

堀米雄斗は決勝のベストトリック2本目でノーリー・フロントサイド270スイッチバックサイドテールスライドを完璧にメイク。ポイントもこの日最高の9.5ポイントをマークしトップに立つとその後もノーリーヒールフリップからのKグラインドをメイクするなど、2位と1.0ポイント差をつけ見事優勝に輝いた。

かつて所属していたHIBRID SKATEDOARDS 早川大輔氏と (写真・早川大輔氏より提供)

2018 SLS LOS ANGELESリザルト

Instagramより @sls

1位 Yuto Horigome – 36.4

2位 Chris Joslin – 35.4

3位 Kelvin Hoefler – 35.1

4位 Nyjah Huston – 35.0

5位 Manny Santiago – 34.2

6位 Tommy Fynn – 30.7

7位 Felipe Gustavo – 24.7

8位 Zion Wright – 得点なし

貫禄さえ感じる“場の掴み方”

写真・HIBRID SKATEDOARDS 早川大輔氏より提供

前回、怪我で欠場していた絶対王者ナイジャ・ヒューストンらを抑えての優勝ということで、今大会は歴史的にも更に意味のあるストリートリーグ(以下SLS)になったのではないだろうか。

5月にSLSロンドン大会での堀米雄斗優勝の記事で「ついにこの日が来た」と書いたが、2大会連続で優勝する日が来るとは…。

しかし、先日のデューツアーでの優勝やこれまでの流れを見ていると、完全にコンテストの場を掌握しているというか、予選からファイナルまでの流れの掴み方をマスターしてきているように思える。一つ一つのトリックの難易度も凄いが、大舞台での“場”を掴んだ感じを見ているとなんだか凄すぎて鳥肌が立ってくる。

 

筆者:小嶋 勝美

スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。

約10年間芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 小嶋勝美
この記事を書いた人

放送作家 小嶋勝美

"お笑い芸人としてライブ・舞台・イベントなどの出演経験を経て現在は放送作家しても活動。  実績・「だけど食堂」、「マツコの知らない世界」、「裸の王様」など。 スケートボードを趣味としており、スケート歴は10年以上になる。関東各地のパーク・ストリートスポットやスケート情報などに精通している。"

放送作家 小嶋勝美が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop