はい!出た~!『ワンダーウーマン 1984』面白イベントのやつ~!まあね~

2020/12/17
石井隼人

お笑いグループのぼる塾(きりやはるか・あんり・田辺智加)が16日、都内で行われた映画『ワンダーウーマン 1984』(12月18日公開)の公開直前イベントにバッファロー吾郎の竹若元博、樋口真嗣と参加した。

きりやはるかにはワンダーウーマンのように立ち向かいたいことがあるそうだ!「それは人生初の『R-1グランプリ』に出ること。芸歴6年で今まで出場したことがない。私一人でもいけるところを見せたいと思って、エントリーしました」と報告。実は田辺さんも『R-1グランプリ2021』にエントリーしているというが、あんりは「あたしは…一人は恥ずかしい」と乙女チックなところを見せて、きりやはるかから「意外とナイーブ!」とイジられていた。

本作の見どころを聞かれたあんりは「カーチェイス」と答えなければいけないところを、なぜか「カーフェイス」と天然言い間違え。すかさず「それは自分の顔だろう!」などとツッコまれると「本当に間違えた!カーチェイスだった!誰がレクサスだ!」と大テレ。

そんなあんりは、ワンダーウーマンの能力でほしいものを聞かれると「水中戦闘能力」と挙げて「今のテレビは特技で売れる時代。あたしにもしこの水中戦闘能力があったら爆売れ。来年は今年とは違う武器が欲しい。まだ水中で戦って笑いを取っている女芸人はいないから」と唯一無二の個性を欲しがっていた。

田辺さんは「私は全部!だってワンダーなウーマンは欲張りじゃなきゃダメよお」と全能を欲して「私はフライドチキンをおかずにフラインドチキンを食べる。マカロンは年齢の数だけ食べる。まあね~!」と欲望まみれ。さらに「冒頭のショッピングモールでの戦闘シーンが見どころ。私よくわからないけれど、観ていたら自然と涙が出たの」と感涙を報告した。

女芸人No.1を決める「THE W 2020」で惜しくも優勝を逃したぼる塾。「本当に『THE W』の日まで、100点満点の“まあね~!”が田辺さんから出なかった。そんな1年が続いていざ決勝に行ったら100点満点の“まあね~!”を出してくれた」とあんり。それに当の田辺は「やっぱ私は本番に強いなと思った。まあね~!いやだ!今日の私も凄いかも!」とマイペースに自画自賛していた。

2017年公開の映画『ワンダーウーマン』待望の続編。アメコミ界きっての女性ヒーロー、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)の新たなるバトルを描く。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞
    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop