【動画インタビュー】ベトナム産BL映画『ソン・ランの響き』主演のリエン・ビン・ファット「同性愛は重視する事ではなく、主人公の心の方がより大切だと考えた」

2020/03/02
マガジンサミット 儀保

YouTube動画:https://youtu.be/naC0eNB3rWE

現在、公開中の映画『ソン・ランの響き』。1980年代のサイゴン(現ホーチミン市)を舞台に、孤独な2人の男がひかれあう3日間の刹那的な物語を、ベトナムの民族楽器ソン・ランの音色にのせて描いたドラマ。冷酷で暴力的な外面とは裏腹な複雑な内面を隠し持つ男ユンを演じるのは、リエン・ビン・ファット。2018年開催の第31回東京国際映画祭で特筆すべき若手俳優に与えられるジェムストーン賞を見事獲得。

そこで今回はマガジンサミット編集部の儀保が、リエン・ビン・ファットへ独占インタビューを敢行!! オファーを受けたときの裏話や撮影時のエピソードについて聞いて来ました!!

映画『ソン・ランの響き』は、新宿K’s cinema他にて絶賛公開中です。

映画『ソン・ランの響き』

ストーリー:80年代のサイゴン。借金の取り立て屋ユンは、ベトナムの伝統歌舞劇「カイルオン」の花形役者リン・フンと運命的な出会いを果たす。はじめは反発し合っていた2人だったが、リン・フンがユンの家に泊まることになり、そこで心を通わせていく。実はユンは、カイルオンに欠かせない民族楽器ソン・ランの奏者を志していたことがあり、今でもソン・ランを大事に持っていた。対照的だがそれぞれに悲しい過去を持つ2人は孤独を埋めるように結ばれ、再会を約束して別れるが……。2018年・第31回東京国際映画祭「アジアの未来」部門出品作品。

監督:レオン・レ 脚本:レオン・レ ミン・ゴック・グエン 撮影:ボブ・グエン 

プロデューサー:ゴ・タイン・バン 製作:STUDIO68

出演:リアン・ビン・ファット アイザック スアン・ヒエップ

提供:パンドラ 配給協力:ミカタ・エンタテインメント 

配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト

【2018年/102分/ベトナム】

原題:Song Lang 

公式HP http://www.pan-dora.co.jp/songlang/

Ⓒ2019 STUDIO68

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット 儀保
この記事を書いた人

マガジンサミット 儀保

表の顔はディレクター兼カメラマン。実は、年間700本の映画を観賞する映画好き。どんな作品でもオススメのポイントをピックアップ。映画好きから、普段、あまり映画を見ない方にも、幅広い映画の楽しみポイントをご提供できればと日々邁進中? 映画関連tweetも日々、更新してます @yungibo

マガジンサミット 儀保が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop