【動画インタビュー】若手俳優・萩原利久がヒーロー役「気持ち良かったです‼」/1月18日より放送の時代劇『大江戸スチームパンク』の魅力を語る‼

2020/01/09
マガジンサミット 儀保

YouTube動画:https://youtu.be/AausaAAjuXE

1月18日(土)より、テレビ大阪にて放送スタート!! さらにTSUTAYAプレミアムで配信される時代劇×SFドラマ『大江戸スチームパンク』。本作は、江戸と似ているようで違う町“大江戸”を舞台に繰り広げられるSFコメディ時代劇。そこで今回はマガジンサミット編集部の儀保が、『大江戸スチームパンク』で主演を務める萩原利久さんへ独占インタビューを敢行!!
作品の魅力や撮影の裏話を聞いて来ました!!

Q、今回の役どころは?

「暑さに強いという、ちょっとした個性のみの男の子で。若干の個性がピカイチに光ってヒーローになるっていう」

Q、現場の雰囲気は?

「年齢は皆さん、バラバラだったんですが、早い段階から、みんなストーブ囲んで話してましたね。やたら、あだ名つけてましたね! 色んな人に」

Q、ヒーロー役はいかがでしたか?

「ヒーローなんですけど、“ラッキーパンチ”的な所もあるんで」

Q、役どころに共感する部分は?

「少年マンガの主人公感を感じていて。男性なら一度は夢見た瞬間や感情を持っているやつなんじゃないかな」

ドラマ『大江戸スチームパンク』

あらすじ:数百年の昔、遥か彼方の青い星にあったという、江戸と似ているようで違う町、大江戸。暑さにだけ強い青年「佑太」が、天才発明家「平賀源内」と出会い、ヒーローになる物語……。

時代劇×SF。大江戸、スチームパンク!! 本作は、1998年に結成以降、コメディを上演し続けている劇団「ヨーロッパ企画」が描きおろした、完全オリジナル作品の実写ドラマ。1月18日(土)よりテレビ大阪にて放送がスタートし、放送終了後よりTSUTAYAプレミアムにて独占配信されます。(※他社見逃し配信を除く)

主演の萩原利久さんは、安定の演技力で注目を集めてる若手俳優。『十二人の死にたい子どもたち』や『アイネクライネハトムジーク』など話題作へも出演も続いています。そして、本作にて本格コメディに挑戦。

メガホンをとるのは、筧昌也 監督。筧監督は、自主映画『美女缶』(2003)が、ゆうばり映画祭03オフシアター部門グランプリを受賞。ぴあフィルムフェスティバル03企画賞など自主映画関係の賞を総なめにした後、2005年には、妻夫木聡主演「世にも奇妙な物語05 春の特別編」にてセルフリメイク化で注目。『Sweet Rain 死神の精度』(2008)にて長編映画監督デビュー後は、北山宏光初主演映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』(2019)なども手掛けています。脚本は、ヨーロッパ企画の酒井善史が担当。

■1話30分×全10話 

■放送スケジュール:1月18日(土)より放送

■放送局:テレビ大阪 毎週土曜日 深夜1:26-1:56 (関西ローカル放送)

※放送時間が変更になる可能性がございますので、ドラマ公式サイトでご確認ください。

■配信スケジュール:1月18日(土)深夜テレビ放送終了後より配信開始

TSUTAYAプレミアムにて独占配信!※他社見逃し配信を除く

※状況により配信日時が変更になる場合がございます

TSUTAYA特設ページ:https://tsutaya.jp/osp_p1/

「TSUTAYAプレミアム」サービス概要 http://tsutaya.tsite.jp/premium/

月額料金:1,100円(税込)より ※金額は店舗により異なります。同時レンタル可能枚数:3枚より ※枚数は店舗により異なります。

内容:1)店舗:TSUTAYA店舗での新作・準新作を除く、旧作DVD/Blu-rayが借り放題。※同時レンタル可能枚数には制限があります。

2)ネット:動画配信サービス「TSUTAYA TV」の中から新作・準新作などを除く動画見放題対象作品 約10,000タイトルが見放題! その他:返却期限なし/延長料金はかかりません。加えてレンタル更新料が無料となります。

出演:萩原利久 六角精児

芦名 星 岡本夏美 中川晴樹 阿見201 山村美智

佐野岳 / 袴田吉彦

監督:筧昌也 永江二朗/原案・脚本:酒井善史(ヨーロッパ企画)

脚本:下亜友美 池田さだ夢(男肉 du Soleil)

企画協力:ヨーロッパ企画/音楽:野崎美波

製作:カルチュア・エンタテインメント

制作:TBSグロウディア ADKクリエイティブ・ワン

制作協力:キャンター/宣伝協力:テレビ大阪

特別協力:EDO WONDERLAND日光江戸村

Ⓒカルチュア・エンタテインメント/「大江戸スチームパンク」

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット 儀保
この記事を書いた人

マガジンサミット 儀保

表の顔はディレクター兼カメラマン。実は、年間700本の映画を観賞する映画好き。どんな作品でもオススメのポイントをピックアップ。映画好きから、普段、あまり映画を見ない方にも、幅広い映画の楽しみポイントをご提供できればと日々邁進中? 映画関連tweetも日々、更新してます @yungibo

マガジンサミット 儀保が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop