テニス史に残る世紀の一戦の実録映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』

2018/09/18
マガジンサミット 儀保

現在、公開中の映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』は、テニスの歴史の中でも伝説の一戦として語り継がれる1980年のウィンブルドン決勝戦をリアルに映画化した実録映画。

そもそも、何故、この1980年のウィンブルドン決勝が伝説になったのでしょうか?

2人の天才、夢の対決!!

本作は、2人の天才がウィンブルドン決勝までに、どのように過ごしてきたのかが、淡々と描かれていくヒューマン・ドラマ。

1人目の主人公=ボルグさん

20歳の若さでウィンブルドン初優勝した天才=ビヨン・ボルグさん。ボルグさんは、神がかった技術力の持ち主。さらに、彫刻のように美しいイケメンで、普段、テニスの興味のない人々まで虜にしたスター。

本作の舞台である1980年には、ウィンブルドンで4連覇中。常に冷静沈着な立ち振舞いから、"氷の男"と呼ばれてました。

でも実は、影でウィンブルドン5連覇のプレッシャーで心がガタガタ。なんとか精神を安定させる日々なんです。

2人目の主人公=マッケンローさん

そこへ、新たなライバルが立ちはだかります。それが、もう1人の天才=ジョン・マッケンローさん。

類稀な才能の持ち主なんですけど、とにかく短気!!判定に納得がいかなければ、怒り狂ったように審判に楯突く人物。ゆえに、試合は買っても、客席からはブーイングの嵐。

そんな制御不能な自分に悩んだりする可愛い一面も。

2人の人生

今や、"氷の男"と呼ばれるボルグさんも、実は子供の頃は、癇癪持ちだったんです。だから、テレビでキレッキレのマッケンローさんの試合を見ると、子供時代を思い出すんですね。

逆にマッケンローさんからすると、年上のボルグさんは憧れの存在。

2人の間には、ライバルでありながら、お互いを意識した友情のようなものが芽生えていきます。

クライマックスに向けてテンション上がる!!

そんな調子で2人の子供時代から描かれていきます。テニスや試合にどんな思いが込められているのかや、家族やコーチとの関係が徐々に明らかになっていきます。

そして、クライマックスは、勿論、1980年のウィンブルドン決勝戦!!

ドキュメンタリー畑の監督

監督は、カンヌ国際映画祭の批評家週間でグランプリを受章した戦場密着ドキュメンタリー映画『アルマジロ』の監督でもあるヤヌス・メッツ。ドキュメンタリー畑のメッツ監督だけあって、試合のシーンにて、手持ちカメラを多様。まるでドキュメンタリーのような臨場感で演出。テニスのルールが解らない人でも、手に汗握ること間違いなしな緊張感に仕上がってます。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット 儀保
この記事を書いた人

マガジンサミット 儀保

表の顔はディレクター兼カメラマン。実は、年間700本の映画を観賞する映画好き。どんな作品でもオススメのポイントをピックアップ。映画好きから、普段、あまり映画を見ない方にも、幅広い映画の楽しみポイントをご提供できればと日々邁進中? 映画関連tweetも日々、更新してます @yungibo

マガジンサミット 儀保が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop