まるでホラー映画な刑事もの!夜の首吊り殺人大捜査線!! 映画『ハングマン』

2018/07/30
マガジンサミット 儀保

現在、新宿シネマカリテで開催中の【カリコレ】から、ホラー風味のクライム・サスペンス映画『ハングマン』をご紹介!!

出演歴をヒューマン・ドラマとクライム・サスペンスで埋め尽くしていく名優アル・パチーノの最新作が日本上陸!! 本作は、7年ぶりの刑事役に挑むアル・パチーノが、謎が謎を呼ぶ殺人ミステリーを捜査していくホラー風味のクライム・サスペンス!!


首吊り殺人ゲームに強制参加!!

学校の前に吊るされた死体。刑事が教室の中に足を進めると、そこに残されたハングマン・ゲームのメッセージと警察のバッジナンバー。

ハングマン(絞首刑)ゲームとは、出題者の出した単語を一文字づつ当てていく文字を使った子供遊び。

そして、警察のバッジナンバーは、捜査していた刑事ともう警察を引退していたアル・パチーノのもの。強制カムバック&この後に続く連続殺人ゲームに強制参加させられるんですね!!

刑事2人に密着する女記者の3人体制で事件の捜査が始まります。


次々と殺されていく容疑者たち!!

残された証拠から次々と浮かび上がる容疑者の方々。行ってみると殺されている……という振り出しに戻るなミステリー展開が続き、なかなか真実に辿り着かないんです。

さらに、毎晩11時に犯行が行われるというタイムリミット設定もオプション追加。ただでさえ謎だらけの事件なのに、過去の事件との繋りも判明。

とにかく、怪しい 人物を大量投下。出てくる人物、みんなが犯人に思えてくる意味ありげ描写でミスリードを誘います。とは言え、調子外れなオチとトンデモ展開がやり過ぎで、謎解きの楽しさはほとんど無いんですが、暗い犯行現場は『セブン』を思い起こさせる陰気なホラー風味。音楽もダークなトーンで、まるでオカルト仕様というのも面白いです。


刑事役にカムバック!!

本作でメガホンを取ったのは、ニコラス・ケイジ主演の『ヴェンジェンス』でも刑事ものを手掛けた経験もあるジョニー・マーティン監督。

主演は、くたびれ感とベテラン然としたオーラのコラボ技で、大して活躍してないのにボンクラのハートにジャストフィットしてくるアル・パチーノ。それに対して、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのカール・アーバンが見た目はワイルド満載ながら、過去の事件にトラウマを抱える意外に繊細な刑事役に。2人のコンビ芸も見どころ!!

2人の刑事に密着する女性記者でありながら、実は1番、捜査に貢献しているヒロインを演じるのは、『ピッチ・パーフェクト』シリーズのブリタニー・スノウ。本作の陰気な雰囲気に飲み込まれたシリアス芝居を披露。

携帯電話1つで撮影、録音などの取材をするヒロインや、携帯からのデータ情報を駆使して捜査する刑事たちなどは、ちょっと新鮮。

現場へ向かう3人を、ほぼ横並びでのスローモーションで見せる『キイハンター』カットありなので、是非、お見逃しなく!!


本作の【カリコレ】上映は、8/3(金)13:00~と、8/15(水)14:30~のラスト2回のみ!!
青山シアターでのオンライン上映は8/16~8/29まで!!

© 2017 HANGMAN PRODUCTIONS, LLC All Rights Reserved

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット 儀保
この記事を書いた人

マガジンサミット 儀保

表の顔はディレクター兼カメラマン。実は、年間700本の映画を観賞する映画好き。どんな作品でもオススメのポイントをピックアップ。映画好きから、普段、あまり映画を見ない方にも、幅広い映画の楽しみポイントをご提供できればと日々邁進中? 映画関連tweetも日々、更新してます @yungibo

マガジンサミット 儀保が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop