疲れたアナタにおススメ!笑って、沁みる癒し系映画『正しい日 間違えた日』

2018/07/11
マガジンサミット 儀保

韓国から世界の巨匠になった ホン・サンス監督!

 カンヌ、ヴェネツィア、ベルリン、ロカルノと世界の名だたる国際映画で、1本作れば、どこかで賞を採る韓国の名匠=ホン・サンス。 そんなホン・サンス監督が、男と女のメロドラマを独特の感性で切り取った、現在公開中の映画『正しい日 間違えた日』。本作でも、第68回ロカルノ国際映画祭グランプリ&主演男優賞をダブル受賞。 

笑って、沁みる癒し系映画

本作は、講演会で地方へやって来た映画監督が、たまたま画家の女性と知り合い、別れるまでの1日の出来事なんです。

最初は、すごく単調な映画だと思ったんですよ。物語の冒頭で出会った2人が立ち話。それを延々、ワン・カットで見せていきます。それが、まるで2人の役者のアドリブのよう。段々と隠しカメラで覗き見してるドキュメンタリーみたいな気分になってきました。

そんな2人が微笑ましい。リラックスして時間と身を委ねたくなるんですね。ワン・カットの中の、ゆったりとしたズームでさえ心地よく、最高の癒し系映画でした。仕事に疲れてる方におススメの1本です。 

衝撃的な2部構成

1時間くらいで終わってしまう。すると、もう一度、最初から始まるんです。同じ登場人物が、同じように出会い、同じ場所を巡っていくんです。でも、2回目は、微妙に話す内容や行動が違うんですよ。そして、全く違うエンディングへ向かっていくんです。

こちらも、1回、観ているので、「あっ、ここ、さっきと違う」だとか、間違い探し的面白さもあり、違う分岐点を向かっていくストーリーから目が離せなくなっていきます。

安定感の名演技を見せる主演2人は?!

女好きな映画監督役の主人公を演じるのは、 『シルミド』で男泣きをカツアゲしたチョン・ジェミン。明らかな下心がありながら、それをユーモラスに演じる事で好感の持てるキャラクターに構築しているのが素晴らしいです。特に、ヒロインの前で女性遍歴などをバラされていくシーンは爆笑!

主人公に声を掛けられる画家の女性は、モデル出身のスタイルの良さ&童顔フェイスのキム・ミニ。『お嬢さん』での、芝居の為ならヌードも辞さないという腹のくくりが好感度高く、ハード過ぎるラブ・シーンがインパクト大でした。本作では、しっかり者に見えて、実は天然な空気も出しつつ、儚げで色っぽい……という、まさに男心をくすぐるポイントを全制覇したようなヒロインをキュートに演じています。

果たして、2部構成のどちらが「正しい日」で、どちらが「間違えた日」だったのか?

それを考えながら観るのも楽しくなる1本!!

ホン・サンス監督×キム・ミニ主演4本連続公開!『それから』『夜の浜辺でひとり』絶賛公開中!『クレアのカメラ』は7/14(土)公開!

© 2015 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット 儀保
この記事を書いた人

マガジンサミット 儀保

表の顔はディレクター兼カメラマン。実は、年間700本の映画を観賞する映画好き。どんな作品でもオススメのポイントをピックアップ。映画好きから、普段、あまり映画を見ない方にも、幅広い映画の楽しみポイントをご提供できればと日々邁進中? 映画関連tweetも日々、更新してます @yungibo

マガジンサミット 儀保が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop