個性派オーディション「ミスiD 2020」本エントリー募集開始!元乃木坂46・川後陽菜が「ミスiDオタク」として選考委員に参戦

2019/04/09
マガジンサミット編集部

あらゆる”古い枠組み”に捉われずにセルフメイドな生き方を創る女の子を発掘する講談社主催のアイドルオーディション「ミス iD2020」の本エントリーが9日よりスタートした。応募受付期間は5月19日まで。元乃木坂46の川後陽菜が新たに選考委員に加わるなどオーディションの体制が一新され、今まで以上に個性的なアイドルが誕生する予感を漂わせている。

これまで同オーディションは、玉城ティナ、稲村亜美、LADYBABYの金子理江、少年院出身という異色の経歴でバラエティでブレイク中の戦慄かなの、モテクリエイターとして話題の”ゆうこす”こと菅本裕子ら従来のカテゴリに収まらない個性派の”ネオガール”を多く輩出してきた。

8年目を迎える「ミス iD」の今年のキャッチコピーは「世界はひとつじゃない。ルールも 常識も 女の子も」。今年は「さらに隅々まで届くように」と、「ミス iD2019」グランプリの友望をモデルとした全4パターンのビジュアルとキャッチコピーが順次公開される予定となっている。

選考委員には、人気シンガー・ソングライターの大森靖子、プロインタビュアーの吉田豪、テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行といったいつもの顔ぶれに加え、根っからのアイドルオタクとして知られる元乃木坂46の川後陽菜、俳優・たなか(前職・ぼくのりりっくのぼうよみ)らが参加。

新選考委員となった川後は「ミスiDファンを公言してきた私が選考委員になるというのは、凄く光栄です。アイドル出身としてだったり、ミスiDオタクとしての新しい視点で審査していけたらと思います。年々盛り上がりをみせるミスiDオーディションなので、今年もどんな女の子が集まるか凄く楽しみです」と意気込みを語っている。

同オーディションは、プロアマ、国籍、未婚既婚、恋人の有無を問わず、年齢も12歳(くらい)から40 歳(くらい)まで、タトゥーがあっても金髪でも引きこもりでもなんでもOKと、応募条件の懐が非常に深い。「居場所がない世界中の女の子、心が女の子であるあなた、よくあるモデルやアイドルのオーディション、ミスコンに応募をためらってるような全ての女の子へ」と参加希望者に向けてメッセージが送られている。

講談社主催のアイドルオーディション「ミス iD2020」の本エントリーは4月9日から5月19日まで応募受付中。詳細や応募方法は公式ホームページ(https://miss-id.jp/2020)などで確認できます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop