キャイ~ン天野ひろゆきが出身地の愛知県岡崎市「1日広報課長」に就任!地元愛を語る!

2018/11/10
マガジンサミット編集部

みなさま、「徳川家康」、「八丁味噌」、「乙川」、そして「キャイ~ン天野ひろゆきさん」これらの言葉が表すものが何だか分かりますか?正解は…そう!愛知県岡崎市です!

この度、10月28日、お笑いコンビ「キャイ~ン」の天野ひろゆきさんが、出身地である愛知県岡崎市の「1日広報課長」に就任。そして「キャイ~ン天野くんと岡崎トークイベント 言ってみりん、ココが好き!岡崎」が開催されました!

「キャイ~ン天野くんと岡崎トークイベント 言ってみりん、ココが好き!岡崎」

今回のイベントは多くの人に岡崎市を好きになってもらおうという「シティプロモーション」の一環として行われたトークイベント。「キャイ~ン」の天野さんを「1日広報課長」として招き、岡崎市の魅力を語ってもらいました!

イベントではまず、岡崎市の広報課長から天野さんへB2サイズの特大名刺を授与。あまりの大きさに天野さんも「これ、名刺だったんですね!?」と驚きの表情。そして「逆に1日でいいんですか? 一生課長として、永久に岡崎の良さを伝えていきたいくらいですよ」と岡崎愛を語りました。

トークセッション

続いて岡崎の魅力を写真と共に紹介するトークセッションがスタート。天野さんが「岡崎グルメ」や「岡崎スポット」など、さまざまな岡崎の魅力についてのトークを披露。

徳川家康公が生まれた場所とされる「岡崎城」について語っていると、「実は僕、徳川家康公とほぼ同じ人物かもしれないんです」と、いきなり驚きの展開に!「眼鏡をかけている」「天ぷらが好き」などの共通点を挙げ、会場には笑いが起こりました。

天野さんが幼い頃からなじみ深い「南公園」のエピソードでは、「初めて家出をした時に行った場所が南公園だった」と思い出話を披露。「花火をしていたら父親に見つかり、こっぴどく怒られた」と語ると、ここでも客席から笑いが起こりました。エピソードごとに笑いを取りに来るのはさすが芸人さんです!

イベント終了後のコメントで天野さんは「岡崎は歴史ある街。発展も大事だけれど、岡崎ならではの良さは守っていくことが大切です。市民ではない方も、まだまだ日本人が知らない岡崎の魅力がたくさんあるので、愛知に来た際には是非岡崎にも足を運んでみてください!」と語りました。

岡崎市では、2015年よりシティプロモーション活動を実施。コンセプトは「岡崎ルネサンス」。徳川家康公、八丁味噌、乙川などの伝統的な魅力を大切にしつつ、今までになかった新しい魅力を発信しています。

岡崎市シティプロモーション詳細:https://citypromotion.okazaki-kanko.jp/

そして!写真を通して岡崎の魅力を発見するための新しい取り組み「岡崎カメラがっこう」も開催。実際に街を歩いて人と触れあいながら、自ら見つけた岡崎の魅力を撮影する「スキルアップ講座」など全3コースが用意されています。

「岡崎カメラがっこう」詳細:https://citypromotion.okazaki-kanko.jp/news/27

グルメに歴史、お祭りなど、良い所がいっぱいの岡崎市。一度訪れてみてはいかがでしょうか!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop