チビっ子達へ贈る50曲『誰もが勇気を忘れちゃいけない ~大事なことはすべて阿久悠が教えてくれた~』

2018/12/13
放送作家 石原ヒサトシ

「U・F・O」/ピンク・レディー、「勝手にしやがれ」/沢田研二、「津軽海峡・冬景色」/石川さゆり…など、数々のヒット曲の作詞を手がけ2007年に亡くなった作詞家・阿久悠(享年70歳)。その数は約5,000曲と言われるが、実は歌謡曲のみならず、アニメ・特撮ヒーローといった子どもたちを対象にした曲も沢山手がけている。

そんな曲を厳選し50曲を収めた2枚組CD 「誰もが勇気を忘れちゃいけない ~大事なことはすべて阿久悠が教えてくれた~」が12月19日にリリースされる。(¥3,456―)

タイトルの「誰もが勇気を忘れちゃいけない」を見て、“聞き覚えがある”と思った人もいるはず。そう、これは「ウルトラマンレオ」主題歌の中にある歌詞だ。 阿久悠のヒーロー・ソングには、子どもの心に刻み込められるようなメッセージ性が高いものが多い。

実は、本人も1973年放送の「ウルトラマンタロウ」あたりから意識的に作っていたそうだ。このCDは、彼の意図を尊重し、子どもたちの未来へつなぐための一助となることを期待して企画・制作されたとのこと。

【DISC1】

1.マッハバロン / すぎうらよしひろ 『スーパーロボット マッハバロン』

2.ファイヤーマン / 子門真人 『ファイヤーマン』

3.レッドバロン / 朝コータロー 『スーパーロボット レッドバロン』

4.ウルトラマンタロウ / 武村太郎、少年少女合唱団みずうみ 『ウルトラマンタロウ』

5.パジャママンのうた / 石毛恭子、東京ちびっこ合唱団 『ママとあそぼう!ピンポンパン』

6.ワイルドセブン / ノンストップ 『ワイルド7』

7.デビルマンのうた / 十田敬三、ボーカル・ショップ 『デビルマン』

8.ウルトラマンレオ / 真夏竜、少年少女合唱団みずうみ 『ウルトラマンレオ』

9.青春まるかじり / 黒崎輝(協力:高木淳也・真田広之) 映画『伊賀野カバ丸』

10.ピンポンパン体操 / 杉並児童合唱団、お兄さん(金森勢) 『ママとあそぼう!ピンポンパン』

11.ヤンマだアゲハだマメゾウだ / ヤング・スターズ 『ミクロイドS』

12.MACのマーチ / 真夏竜、少年少女合唱団みずうみ 『ウルトラマンレオ』

13.HOSHIMARU音頭 / TPO、池田智子 科学万博-つくば'85

14.ツンツンソング / 嶋崎由理、コロムビアゆりかご会 『全国こども電話相談室』

15.愛の勇者たち / ささきいさお 『ザ★ウルトラマン』

16.プラトニック / 鹿取容子 映画『オーディーン 光子帆船スターライト』

17.哀しみのベラドンナ / 橘まゆみ 映画『哀しみのベラドンナ』

18.ジャンヌの涙 / 橘まゆみ 映画『哀しみのベラドンナ』

19.眠れマッハバロン / すぎうらよしひろ 『スーパーロボット マッハバロン』

20.私のオーディーン -オーディーンの乙女- / 鹿取容子 映画『オーディーン 光子帆船スターライト』

21.真赤なスカーフ / ささきいさお、ロイヤル・ナイツ 『宇宙戦艦ヤマト』

22.兄さんのロボット / コロムビアゆりかご会 『スーパーロボット レッドバロン』

23.つむじかぜ / ノンストップ 『ワイルド7』

24.星のサンバ / トゥインクルシスターズ 『星の王子さま プチ・プランス』

25.スターダスト ボーイズ / 影山ヒロノブ 『宇宙船サジタリウス』

【DISC2】

1.バースディの唄 / 堀江美都子、こおろぎ'73 ぱくぱくぽけっとレコード

2.じゃりん子チエ / ビジー・フォー 映画『じゃりン子チエ』

3.ドロンチョドロドロヨゴラッタ / パインストーンズ 『ママとあそぼう!ピンポンパン』

4.トッポ・ジージョのワン・ツーかぞえうた / 山崎唯 『トッポ・ジージョ・イン・ジャパン』

5.ヒマラヤ雪男くん / 小林亜星、コロムビアゆりかご会 ぱくぱくぽけっとレコード

6.毛虫のモモちゃん / 前川陽子 ぱくぱくぽけっとレコード

7.アメリカなまりのニワトリ / スチーブン・トート、こおろぎ'73 ぱくぱくぽけっとレコード

8.星の王子さま プチ・プランス / 鈴木賢三郎 『星の王子さま プチ・プランス』

9.結婚行進曲 / かおりくみこ、大倉正丈 ぱくぱくぽけっとレコード

10.DOMO DOMO コンチェルト / 星野知子、森の木児童合唱団 ドラマ『サザエさん』

11.びっくりマークの日々 / 星野知子、森の木児童合唱団 ドラマ『サザエさん』

12.秋田から来た先生 / 左とん平 ぱくぱくぽけっとレコード

13.ズッコケ純情 / 中野康 こども文学館『ズッコケ三人組』

14.フレンズ / ヤング・フレッシュ 『ピンク・レディー物語』

15.ウルトラ六兄弟 / 武村太郎、少年少女合唱団みずうみ 『ウルトラマンタロウ』

16.今日もどこかでデビルマン / 十田敬三 『デビルマン』

17.ザ・ウルトラマン / ささきいさお、コロムビアゆりかご会 『ザ★ウルトラマン』

18.飛べ!宇宙のレッドバロン / 団しん也 『スーパーロボット レッドバロン』

19.ミクロイドS / ヤング・スターズ 『ミクロイドS』

20.スーパーモンキー孫悟空 / ピンク・レディー 『飛べ!孫悟空』

21.戦え!ウルトラマンレオ / 秀夕樹、少年少女合唱団みずうみ 『ウルトラマンレオ』

22.夢光年 / 影山ヒロノブ 『宇宙船サジタリウス』

23.時の中を走りぬけて / 石原慎一 『ウルトラマンUSA』

24.宇宙戦艦ヤマト / ささきいさお、ロイヤル・ナイツ 『宇宙戦艦ヤマト』

25.追い出しの歌 / 左とん平 映画『ジャックと豆の木』

ストライクな年代は40~50歳代だろう。マニアックな曲もある、「この曲って阿久悠が書いたんだ」と驚くナンバーもあるはずだ。 特に有名な曲に1973年放送のアニメ「宇宙戦艦ヤマト」があるが、当時、エンディングの名曲「真っ赤なスカーフ」は、子どもが聴くにしては大人っぽくムーディーすぎた(学校でささきいさおさんのマネで歌ったら凄くウケた・笑)。

50曲の歌詞を童心に還って読んでみて、胸を突いた一節をいくつか抜粋してみた。

 

お前がやれぬことならば 俺がこの手でやってやる

そうさこの世のどぶさらい

悪にゃめっぽう強いやつ

/「ワイルドセブン」ワイルド7

 

心を砂漠にしてはいけない

かわいた心に夢はわかない

ぼくらが胸に飾る勲章は 愛と勇気と男のロマン

/「愛の勇者たち」ザ★ウルトラマン

 

マッハバロン 眠れ眠れ

お前の使命を終わらせてあげたい

たたかう機械でなくしてあげたい

/「眠れマッハバロン」マッハバロン

 

黒い地球 に なるときが

刻々せまってくるようだ

心をわすれた 科学には

地獄の夢しかうまれない

/「ミクロイドS」ミクロイドS

 

カラオケに行き懐かしいヒーローソングを、モニターに出る歌詞を見ながら歌うと、こんな奥深い意味があったのかと気付くことがある。

阿久悠さんの歌詞を見て改めてそう思う。小さい時にそのメッセージを受け取り理解していたなら、もっと素敵な大人になれたかもと今さらながら思う。大げさではなく。

古いレコードがまだ残っていた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石原ヒサトシ
この記事を書いた人

放送作家 石原ヒサトシ

放送作家 「クイズ雑学王」、「ボキャブラ天国」等 バラエティを中心にイロイロやってきました。なんか面白いことないかなぁ~と思いながら日々過ごしています。野球、阪神、競馬、ももクロ、チヌ釣り、家電、クイズ・雑学、料理、酒、神社・仏閣、オカルトなことがスキです。

放送作家 石原ヒサトシが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop