冬のロケは過酷!佐々木希が、発売15周年ヒートテックの魅力を語る

2017/09/25
マガジンサミット編集部

 

9月25日、「ユニクロ ヒートテック 15 年記者発表会」が都内で開催され、スペシャルゲストとして女優の佐々木希さんが出席し、ヒートテックのコーディネートのポイントや魅力について語った。

 

冬のロケは過酷。女優業はまるでアスリート?

 

普段からヒートテックを愛用するという佐々木さんは、「本当に毎日と言っていいほど使っています。特にロケの日は、朝から夜中までずっと外にいることも多いので、ヒートテックに助けられています(笑)」とコメント。

 

また「スタッフさんなどもみんな中に着込んでいるので、ないと困りますね」とヒートテックがロケ現場の必需品であることを明し、さらに「20代前半の時は、ロケでヒートテックを4枚かさねて来たこともある」と、いかに、ロケ現場が過酷な環境であるかのエピソードを語った。

 

プレゼントしたい人は誰?

※記者から「誰にプレゼントしたいか?」と尋ねられると、親友で北海道出身の大政絢さんにプレゼントしたいとコメント…

 

秋田県出身の佐々木希さんは、ヒートテックの魅力について「…初めて着たのは秋田にいた頃だと思います。気がついたら発売から15年も経っているなんて!」と驚きを隠せない様子。

 

「冬欠かせないのがタイツやレギンスだと思うんですけれど、ユニクロはカラーバリエーションが多いのでどんなスカートにも合わせられます。なによりも、薄くて暖かいので重ね着しても着膨れしない」と、毎日のオシャレにかかせないアイテムであり、コーディネートのしやすさをアピールした。

 

また、改善点について聞かれると「毎年新しいものを買うので、購入した年がタグに入ってると嬉しい。これ、何年前に買ったものかな?とわからなくなる時があるので」とアドバイス。秋田時代からのヘビーユーザーぶりを明かした。

 

累計販売枚数は約10億枚

 

ヒートテックは、2003年に発売以来、累計販売枚数は約10億枚にのぼる。 15年目の今年は、ヒートテックの暖かさと快適さを、より、実感してもらいたいと、合計100万人に最新のヒートテックを届けるキャンペーンを実施中だ。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧