東京スカイツリーとマクロスがコラボ! 土田晃之と真山りかがマクロス愛を語る

2018/01/14
GazinAirlines

いま、マクロスを体感するなら東京スカイツリーだ!

東京スカイツリーで1月9日~2月28日、あの「マクロスシリーズ」とコラボしたイベント「MACROSS 35th Anniversary マクロス BLUE MOON SHOW CASE IN TOKYO SKYTREE」を展開。

まず「マクロスシリーズ」とはどんなアニメシリーズだったか。

40代ファンにとっては、初代となる「超時空要塞マクロス」が最も思い出ぶかいだろう。「超時空要塞マクロス」は、1982年から1983年にかけて放映されたテレビアニメで、1984年には劇場版映画『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』も公開された。

そこから超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-(1992年~)、マクロスプラス(1994年~)、マクロス7(1994年~)、マクロス ゼロ(2002年~)、マクロスF(2008年~)、マクロスΔ(2016年~)と続く。

オリジナル映像がレアすぎる!

そして2017年、「超時空要塞マクロス」の放映から35周年をむかえた同シリーズと、開業5周年をむかえた東京スカイツリーがコラボし、地上600mを越える上空空間に、マクロスの世界観を体感できるフロアが誕生したというわけ。

館内は、天望シャトル内装飾、マクロスシリーズ35周年ZONE、キャラクター&ストーリーZONE、特設ショップ(450m)、バルキリー戦闘ZONE、原画ギャラリーZONE、『デカ☆歌マクロス』ZONE、マクロスGOODSZONE、スペシャルコンテンツ上映(350m)、コラボカフェといった10のエリアで構成。展望フロアがマクロス一色に染まる。

また、東京スカイツリー天望デッキ フロア350の SKYTREE ROUND THEATERでは、マクロスシリーズテレビ放送35周年を記念したスペシャルコンテンツを上映。マクロスシリーズのメカニックを大画面で体感でき、さらにマクロスシリーズ35周年完全オリジナルムービーや限定公開マクロス新曲MVの上映、歌マクロスとコラボした東京スカイツリーオリジナルライブ映像なども映し出される。

さらに、マクロスΔのキャラクター原案も担当する実田千聖と、歴代マクロスのバルキリーを描き下ろしている天神英貴が、東京スカイツリーとマクロスシリーズのキャラクターがコラボしたオリジナルビジュアルを描き下ろし。こちらも見逃せない。

土田晃之と真山りかがマクロス愛を語る!

開催前日の1月8日、マクロスが大好きという土田晃之と真山りかが登場。完成したばかりの「MACROSS 35th Anniversary マクロス BLUE MOON SHOW CASE IN TOKYO SKYTREE」フロアを見て回り、それぞれのマクロス愛を語った。

ふたりは、東京スカイツリー天望デッキ フロア340 SKYTREE CAFE 340 で販売されるコラボ限定メニュー、「一緒に飲もう?」シルバームーン・レッドムーンや、「飲めば心が熱くなる!」突撃ラブハート、 「私たちのドリンクで銀河を震わせたいの!」ライオン、 「美味しさはきっと届くから!」Absolute5、「ヤックデカルチャー!」超時空パンケーキなども実食。

コラボ限定メニューの試食後も、ふたりのマクロス愛トークは止まらない。彼らの赤裸々なマクロス愛トークは、映像でチェックしてみて!

ぼくはロイ・フォッカーが好きですね(土田)

ランカ&シェリルのシーンはいいですね(土田)

もっと愛を深めていきたいと思いました(真山)

上映される映像は相当、興奮する!(土田)

マクロスの仕事もらってほんとうにうれしいです(土田)

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

GazinAirlines
この記事を書いた人

GazinAirlines

いま、そんな話題、こんな現場のなかにいます。

GazinAirlinesが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop