TVアニメ『イングレス』ヒロインのサラを演じる上田麗奈さんに独占インタビュー!

2018/10/17
マガジンサミット編集部

皆さん、ARゲームってやったことありますか?

一時期、熱狂的な人気を誇り、今でも世界を楽しませ続けている『ポケモンGO』もARゲームのひとつ。

その『ポケモンGO』を開発しているNiantic,Inc.がリリースしてる『Ingress(イングレス)』というゲームをご存知でしょうか?

言ってしまえば2つのチームに別れて行う陣地取りゲームなんですが、街に設置されている「ポータル(陣地取りの拠点)」を、実際にその街、その場所まで赴いて奪い合うという、リアル陣地取りゲームなのです。

子供の頃やった簡単な陣地取りじゃん…と思うかもしれませんが、このゲームのすごい所は、「Ingress」で使用されいるマップが現実のGoogle Mapということなのです。「ポータル」はGoogle Mapで表示される場所すべてに設置されている…つまり、プレイする場所は世界中、占領できる領土は地球まるごと一つ分という大規模ゲームなのです!

そしてただの陣地取りでは終わらず、プレイヤーたちの行動によってゲームのストーリーが変化したり、暗号解読など謎解き要素も盛り込まれているなど、1粒で5度おいしい!くらいの面白みが詰まっています。

「ポケモンGO」と同じく、世界中のプレイヤーに楽しまれている『Ingress』。

実は、このゲームを原作としたアニメーションが10月よりフジテレビ新アニメ枠「+Ultra」にて放送を開始するんです。

その名も『INGRESS THE ANIMATION(イングレスジ・アニメーション)』。NETFLIXとも連動しているので、世界中に配信される作品となります。

そんな今秋大注目のTVアニメ『INGRESS THE ANIMATION(イングレスジ・アニメーション)』(以下、イングレス)でヒロインのサラ・コッポラを演じる声優の上田麗奈さんへ、独占インタビューすることに成功!

作品の見どころや、気になる物語の展開について伺ってきました!

Q.最初に台本を読んだときの印象は?

最初に読ませて頂いたときは、「これ本当にワンクールで終わるのかな?」っていう!

まずそこはビックリしましたし、次々と色んな事が起きていって、テンポも早い印象もありました。ちょっとずつ主人公が色んなキャラクターたちと出会っていったり成長していったりというドラマもあるので、見所がすごくたくさん詰まってます。

上田さん演じるサラ・コッポラ

アクションが好きな方にも、サスペンスとかミステリーが好きな方にも、青春ものが好きな方にも、海外ドラマが好きな方にもハマるようなそんな要素がギュッと詰まっているなっていう印象は台本読ませて頂いて感じました。

Q.完成した映像を観てみての感想は?

画の説得力とか、音の説得力とか、お芝居の説得力も勿論ありますし…謎解きで悶々とするから、早く次を観たいという気持ちになります。

色々とトリッキーな物語とか展開はあるんですけど、きっと観ていく中で、すごくシンプルでインパクトのある感情がドーンと押し寄せてくるんじゃないかな

Q.『イングレス』はどんな作品ですか?

キャラクター1人1人をちゃんと掘り下げていけるワンクールになっています。

序盤なんて劉天華さん(劇中キャラ)なんて、特に、すごい悪い人、嫌な人に見えるし。

劉天華

実際、最後まで観て頂いても、ある人の中では悪い人って印象で残るし、でも、劉天華さんに共感できる人も必ずいるはずだし、それがちゃんと意見が分れるくらい、掘り下げていける物語になっています。

(物語の謎を)一緒に観ながら謎を解いていくというのは、作品の見どころでもあるし、是非、観てほしいなと。

Q.物語はどのように進んでいきますか?

まぁ、どうなっていくかと言うとー。そうですねー。うーん。予想外のことも起きつつ、いあや、これは絶対、起こりうるだろうなというベタな展開もありつつ。最終的には、誰も憎めないんじゃないかなというような気持にもなる展開になっていきますかね。

Q.『イングレス』の世界に上田さんが入るとしたら、上田さんはどう過ごしますか?

演じているサラとしての、主人公・翠川誠に対する気持ちが強いからっていうのもあるんですけど、やっぱりエンライテンド側に行きたいかなあと思うんです。

でも実際に陰謀に関わっていくっていうよりも、普通に生活して、普通にプレイしたいですね(笑)

あと、作品の中にも、サラとか誠みたいに前線で陰謀に立ち向かっていくっていうポジションじゃなくても、ゲームの『Ingress』をプレイしている方であれば、ちょっと関われる部分というか…陰謀に立ち向かっているサラや誠に少し影響を与えられるようなシーンとかあったりするので…なので、間接的に、普段通りに生活するだけで、サラや誠を助けられるかもしれないって思いながらだと、楽しく生活できるかなって思うので、エンライテンド側です!

Q.視聴者の方にメッセージをお願いします!

主人公・翠川誠

『イングレス』は翠川誠という青年が主人公なんですけど、でも誠も主人公だし、サラも主人公だし、ジャックも主人公だし…主人公がいっぱいいるようなアニメーションになっています。

ジャック・ノーマン

作品のテーマとして、「世界をもっと見よう」というテーマがあるっていうのを1話のアフレコのときに、監督さんたちがおっしゃっていて。

誠も過去のトラウマとかがあって、人と関わるのを避けていたりとか、家に引きこもりがちだったりとかしていたんですけど、サラだったり、ジャックだったり、『イングレス』の世界に触れていくことで、どんどん外に飛び出していけるようになって、どんどん成長していって…それが、この時代のリアルな世界にも、すごく当てはまるなと思っていて。

こうやってネットとかも盛んな時代、どんどんコミュニケーションがなくなっていってしまったりとか外にでなくても何でも出来るようになってしまっていたりとか…それもすごく素敵なんですけど。でも、もっと外に飛び出して、世界を見に行くっていうのが、意外とそれもそれで素敵なことだったりするなって。

この作品を通して、引きこもってないで、もっと世界を見に行こうって、思えるような…そんなキッカケになったらいいなって思っています。なので、是非、『Ingress』やったことないって方も、やった事あるよって方も、このアニメーションの方も観て頂いて、ゲームに触れたり、世界に触れたりしていってもらえればなという風に思います。

おわりに

『INGRESS THE ANIMATION(イングレスジ・アニメーション)』は本日、10月17日から放送スタート。

公式HPではゲームとアニメ連動企画も始動しているので、ゲームの『Ingress』にも興味をもった方はぜひダウンロードして、どちらも楽しんで見てくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop