若いアマチュア無線家の育成を目指す「YOTA-JAPAN」が発足

2017/12/21
みんなのPR

若いアマチュア無線家の育成を目指す「YOTA-JAPAN」が発足

無線通信、デジタル通信、アマチュア無線

技術・開発・テクノロジー対象名
無線通信、デジタル通信、アマチュア無線
概要
2017年12月20日、 日本の10代・20代アマチュア無線家3名(JR2KHB 須田 璃久 21歳、 JE1XUZ 加藤 聖也 25歳、 JL8WVH 橋本 柊 19歳)が中心となり、 国際アマチュア無線連合(IARU)第一地域(欧州・アフリカ・中東地域)における若者育成に関する公式プロジェクト「YOTA (Youngsters On The Air)」の理念に賛同し、 IARU第三地域である日本において新しい若手アマチュア無線家を迎え入れ、 また健全な若手アマチュア無線家を育成・支援するためのコミュニティ「YOTA-JAPAN」を発足させました。
「YOTA-JAPAN」では、 概ね15歳~25歳までを対象とし、 特定分野や既存の枠組みに固執することなく、 アマチュア無線の多岐にわたる活動を体験する機会を創出します。 エレクトロニクスを中心とした科学技術に関する知識・関心を深めると同時に、 アマチュア無線の特質である国際交流を通じて、 現代に必要な異文化・多文化社会への理解を育むことのできるコミュニティ作りを目指します。 また、 現代のアマチュア無線が持つ新たな価値を発見、 創造し、 それらを発信することで、 アマチュア無線界を活性化することを目標とします。 米アップルの創業者、 二人のスティーブのうちの一人であるスティーブ・ウォズニアック氏は、 今年春のインタビューで「アマチュア無線がアップルのエンジニアリングの原点だった」と語っています。 アマチュア無線は、 未来のテクノロジー革命の担い手を育てる遊びでもあるのです。
YOTAでは、 参加者とさほど歳の離れていない若者がリーダーとして指導にあたり、 若者が企画運営の中心となるなど、 「若者が,若者の視点で,若者を育てる」ことが成功の鍵であると考えています。 また、 今の若者の考えや興味の対象など、 「若者の生の声」にしっかりと耳を傾けることを重要視しています。 この理念に賛同し、 日本においての健全な若手アマチュア無線家を育成・支援するためのコミュニティが「YOTA-JAPAN」です。
今後の活動予定
(1) 大型のアマチュア無線設備のある場所に若手を招待し、 貴重な環境と良い仲間と共に無線通信競技を楽しんでもらう、 「YCP (Youth Contesting Program)」
(2) Maker Faire等、 各地で開催される青少年向けイベントに出展
お問い合わせ先 担当者
櫻井 豊
お問い合わせ先 電話番号
09034375505
お問い合わせ先 メールアドレス
yutaka@sakurai.or.jp

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いた人

みんなのPR

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop