映像で町おこし!神奈川県の中小企業の魅力を映像に。2018年より本格始動!

2017/12/20
みんなのPR

映像で町おこし!神奈川県の中小企業の魅力を映像に。2018年より本格始動!

映像支援プロジェクト

新オープン・リニューアル対象名
映像支援プロジェクト
概要
フリーランス・プロデューサーとして活動するPerson Enterpriseの代表 小泉 将貴(神奈川県海老名市在住)は、 神奈川県の中小企業の魅力を映像で伝える「映像支援プロジェクト」を、 2018年1月より、 本格的に開始します。

小泉 将貴は、 都内の広告代理店や出版社などで10年以上会社員として勤務し、 500社を超える企業のプロモーションに携わり、 価値を引き出すこと、 魅力を伝えることに特化してきました。 2015年10月に独立し、 主にキャンペーンやイベントの企画・プロデュースなどの業務をしています。 2018年1月より開始する「映像支援プロジェクト」では、 独自のネットワークから、 案件に最適な映像カメラマンを選択し、 中小企業の「想い」や「ストーリー」を伝える映像制作を行ってまいります。

「映像が持つ共感力で中小企業を応援したい」、 自分自身の夢でもある「映画がつくりたい」という思いが、 事業開始に至ったきっかけです。

動画市場は年々拡大を続けており、 多くの企業が投資に対して効果が見込めると判断したからこそ増えていると考えられます。 個人の動画視聴時間も各世代で増加しており、 見る側の環境も整ってきています。

映像を活用したことで、 売上げや集客につながった事例も多く、 SEO対策としても有効です。 また、 店頭でアイキャッチとなるデジタルサイネージとして、 営業ツールとして、 様々な活用が可能です。

私は、 すべての企業、 ブランド、 人には、 持って生まれた価値や役割があると考えています。 想いやストーリーを伝えることが差別化になり、 ファンや共感につながると思っています。 これまでの豊富なマーケティング経験を生かし、 自社では気づかない価値を引き出すこと、 また、 映像をきっかけにプレスリリースを配信し、 発信力の強化を図ることが可能です。
今後は、 神奈川県の中小企業を始めとする小さな会社の価値を引き出し、 地域の活性化につなげていきたいと考えております。

《小泉 将貴 プロフィール》
フリーランス・プロデューサー / 映像支援プロジェクト 実行委員長
中小企業庁委託事業「ミラサポ」専門家
1979年生まれ。 神奈川県海老名市在住。
新オープン・リニューアル日
2018年1月
お問い合わせ先 担当者
小泉 将貴
お問い合わせ先 電話番号
08030286107
お問い合わせ先 メールアドレス
persons.mk@gmail.com

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いた人

みんなのPR

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop