老後に必要な金額は? 15年間老人ホームで過ごす費用は〇〇万円!

2017/10/25
内藤 みか

最近は老後が心配な女性が多いのか、女性誌『Oggi(オッジ)』にも「お金のことを考えると、不安です……」という記事が掲載されました。それによると75歳から90歳まで老人ホームで過ごした場合、2366万円がかかるそうです。

老人ホームは高額!

この2366万円という数字は、決してセレブな施設のものではありません。「平成26年度有料老人ホームにおける前払い金の実態に対する調査研究」の平均額なのです。公立のホームなど格安の施設もありますが、競争率も高く、誰でも簡単に入居できるわけではありません。

 

老人ホームがこんなにも高額なのは、月額の家賃に食費も入っているからなのでしょう。毎日過ごすのですから食費は3食分なので、それだけでも何万円もかかります。この2366万円を月額費用にならすと約13万円。決して高いほうではないのです。

 

かさむ費用への準備

老人ホームで暮らす場合は、かかるお金は食費だけではありません。娯楽費や医療費は自費で捻出する必要があるのです。その額には個人差はあるでしょうけれど、年金でまかなえるかどうかもシミュレーションしていかなくてはならないでしょう。

 

しかしシミュレーションと言っても、果たして自分が何歳まで生きるのか、何歳まで元気で働くことができるのかという予測には、限界があります。結局はお金はあればあるほどいい、という結論にしかならないのでしょうか。

 

様々な老人施設オープンの予感

実は私の知り合いが、ゲイのための老人ホームを作ろうと奔走しています。入居者は全員男性。仲間たちと共に老いていきたいという考えからです。高齢化社会が進むにつれ、今後こうしたニーズが細分化された有料ホームやシェアハウスが出てくる可能性は十分にあります。

 

例えば今も、シングルマザーのためのシェアハウスや、保護猫と暮らすシェアハウスなど、いろいろなシェアハウスが出てきています。趣味や生きかたが近い人達と共に暮らすことは、ストレスも少ないし、イベントも多発して毎日を楽しめそうです。老人ホームも「老人」とひとくくりにしない作りになっていくのではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

内藤 みか
この記事を書いた人

内藤 みか

作家/脚本家/イケメン評論家。著書80冊以上。ケータイ小説時代から電子書籍の自著も多数。脚本担当のラジオドラマ『婚活バスは、ふるさとへ』(YBS)が文化庁芸術祭優秀賞&日本民間放送連盟賞優秀賞。 ツイッター https://twitter.com/micanaitoh ブログ https://plaza.rakuten.co.jp/micanaitoh/

内藤 みかが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop