日本一芸人「トレンディエンジェル」の魅力を、日本一おもしろくない芸人が語る

2016/06/10
放送作家 山﨑恵輔

--では、自身の経歴を短めに話してください。

 えっと、僕、あだ名が高校時代のあだ名が“S63”なんですよ。

なんでだと思います?

 

--さあ、ちょっとわかりません。

僕、高校受験に失敗してるんですよ。一浪して、高校に入学したんですけど、最初は一個上って言うのがバレてなかったんです。でもある日、一人のクラスメイトが「先輩のアルバムにお前にそっくりな奴がいるんだけど」って言ってきて、そこからクラス全体に広まっちゃって、次の日学校行ったら、みんなから“S63”って呼ばれるようになっちゃって。僕が入学したときの学生ってみんな平成生まれだったんですよ。自分だけ最後の昭和生まれだったんで……。

 

--大変な高校時代を過ごしてきたんですね。高校卒業後は?

高校卒業後は、7つの学校へ行きました。ゲームクリエイターを目指して工業大学へ行って、中退。そのあと予備校へ行って、吉本のお笑い養成所行って、また大学行って、声優学校行って、人力舎のお笑い養成所行って、ワタナベエンターテイメントのお笑い養成所行って、今また吉本のお笑い養成所に行ってます。(笑)

 

--学校行きすぎですね(笑)

夢見すぎなんですよね。でへへ。

 

 

--でも、そのネタでテレビに出たことありますよね?

フジテレビの「天才リトル」という番組に、“面白くないのにお笑いを辞めない人”というくくりで出たことがあります。

 

--そのくくりについてはどう思いますか?

本気出せば、面白いはずなんですけどね。

でも、テレビに出られたのでよかったです。

 

--では、“今日本で一番面白くない芸人”である米村さんにお伺いします。

“今、日本で一番面白い漫才師”トレンディエンジェルさんが大人気です。人気の要因はどこにあると思います?

トレンディエンジェルさん、本当に尊敬します。斎藤さんのイケメンキャラとたかしさんのツッコミが素晴らしいです。二人とも、自分の身体的特徴を活かして笑いにしていて、僕にとっては理想的なコンビです。あと、自分のスタイルを貫き通す姿勢が素晴らしいと思います。普通、途中でぶれてしまいますから。

 

--鋭い分析ですね。

そうですか。ありがとうございます。でへへ。

 

--トレンディエンジェルさんは、“ハゲネタ”というスタイルを貫いていますが、では、自身のスタイルを一言で言うとは何だと思います?

えっと、モンスター、大食い、化け物、キモキャラ、大きいヨン様、お茶目……ナルシスト、あ、あと、

 

--すいません。一言でまとめてください。

ようは……クズです。

 

--ありがとうございます。

僕、コンビ20組解散してるんで……

 

--ああ、それはクズですね。では、話を戻します。トレンディエンジェルさんにあって、自分にないものは何だと思いますか?

間の取り方。声の抑揚。それと、ボケのクオリティ。トーク力。あと、自分のことがよくわかっていること、ですかね。あ、あとトレンディエンジェルさんは華がありますよね。

 

--ようは、“全て“ということでよろしいでしょうか?

まあ、そうなりますね。

 

--では、自身がトレンディエンジェルさんのようにM―1チャンピオンになるためにはどうしたらいいと思いますか?

老若男女に愛されるネタを作る。

ことのできる、最強に面白い相方を見つける。

ただそれだけですね。

 

--鋭い分析ですね。

お笑いが大好きなんで、分析はできます。

 

--そんなお笑いが大好きな米村さんにお聞きします。あなたにとって“笑い”ってなんですか?

人生の糧。生きる道しるべ。お笑いがなくなったら死んじゃいます

 

--いい言葉ですね。米村さんの熱意を感じました。では、今お笑い芸人を目指して頑張っている人たちに向けて何かメッセージをお願いします。

まだまだチャンスはあるぞ!いつ、どこにチャンスが転がってるかわかんねーから、とにかく頑張れ!あきらめんじゃねー!ネバーギブアップ!あと、相方はすぐ変えんじゃねーぞ!人のせいにすんな!

 

--かなり熱いメッセージですね。では、今人生に悩んでいる人たちへ向けても、メッセージをお願いします。

前に進む勇気が必要!後悔する人生は送んなよ!今を生きろ!前に進め!夢を持って、とにかく無我夢中でがんばれ!そしたら何か見えてくるから!

絶対あきらめんじゃねー!

 

--熱血キャラいけるんじゃないですか?

そうですか。でへへ。

 

--では、もう一言お願いします。

あ、えっと……とにかく学校へ行け!!!

 

--ありがとうございました。

最後の大丈夫ですか?

 

米村文章くんは現在、「街角ハードボイルド」というコンビを組んで活動中です。

 

気持ち悪いけど、どこか憎めない。

お笑いは大好きだけど、日本一面白くない。

そんな米村文章くんへのインタビューでした。

 

Twitterより 米村怪物くん @yaseinochikara

 

プロフィール:

中学校卒→高校浪人→高校卒→大学中退→予備校→NSC(16期)中退→大学浪人→大学中退→日ナレ(基礎科)卒→JCA(22期)卒→WCS(20期)卒→フリー→NSC(22期) 趣味:野球観戦/カラオケ/読書/釣り/アニメなど 身長:193cm/体重:97kg 北海道札幌出身 27歳 進撃の巨人 親に借金600万 クズ

 

< 取材・文 / 放送作家 山﨑恵輔 >

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 山﨑恵輔
この記事を書いた人

放送作家 山﨑恵輔

"放送作家/リサーチャー。1993年生まれ。 大学三年生の時に、ワタナベコメディスクール放送作家総合 コースに入学。一年後、株式会社ライターズ・オフィスへ所属。 テレビのリサーチ、ライブ制作などの活動をしている。"

放送作家 山﨑恵輔が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞
    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop