【貧乳、短足OK!】砂浜で自信が持てる「ビーチ水着撮影」テクニック4選!

2016/08/13
放送作家 石橋アキ江

お盆休み!毎日どんどん気温が上昇していく中、海でも行くか!なんて声が聞こえてきますが、女子にとっては一大事!

 ちょっとでも自分の株を上げるための水着を調達せねば!

 

そこで今回、2016年トレンド水着について、都内のモデルスクールに通うAさんに聞いてみました。

さらに、一生残る、いや、SNSで、世界に拡散される水着姿の写真を、いかにスタイル良く見せるかまで、聞いてみましたので、すぐにでもご参考に如何ですか?

 

2016年トレンド水着ワード

*バンドゥ…細いリボンや幅の狭いブラなどを指し、語源はフランス語で「はち巻き」という意味なんです。

フリルがついたものだと、胸のボリュームが増して見え、ジュエリーなどがついていれば、高級感が増すそうです。

 

*4WAY…肩紐とされる部分を、胸のフロントでリボン結び、ワンショルダーやチューブトップにしたりと、同じ水着で4つの形が楽しめます。

 

*ハイネック…洋服でもトレンドであるハイネックで胸元をしっかり隠すのも今年風。

水着から出ている肌の部分が強調されるので、濃いめの 色のビキニであれば、ウエストが引き締まって見え効果が期待されます。

 

*ペプラムビスチェ…ビキニの胸部分から、お腹をふんわりと覆うキャミソールの様なデザインは、ぽっこりお腹のせいで水着を敬遠していたという方へ一押しのアイテムです。

体型カバーをしながら、フリルの様な形が可愛く着こなせる、優秀なデザインなんです。

 

さて、トレンドを学んだ後は、お待たせしました!

現役モデルさんに聞いた『水着姿で撮る写真の中で、美しく写る方法』です。

今すぐトライしてみてくださいませ。

 

水着姿で撮る写真の中で、美しく写る方法

・「背筋を伸ばし、お尻を突き出す」


 体のラインをはっきり出す“姿勢”を意識して下さい。綺麗な曲線美は、女性らしさを強調します。勿論、腹筋に力を入れてお腹を引き締めることも忘れずに!

 

・「グ~ンと、腕を頭の上まで上げる」


 とにかく体全身を伸ばすことがコツ! こうすることで、お腹の肉が引き上げられてウエストを細く見せることができます。ジャンプポーズや、思い切り腕をぴんと張って前に出すピースなど、とにかく体を伸ばすことを頭においてください。

 

・「身体の突きでた部分は隠す」


 例えば、ウエストが気になる人は、軽く手を添える。太ももが気になる人は、太ももに手を乗せるなど、見た目に変化をつけることもテクニックなんですよ。

 

・「重心をどちらかに傾ける」


 足を肩幅に開き、腰の重心を左右どちらかに乗せます。

その時肝心なのは、足の甲をまっすぐ伸ばすこと。ビーチサンダルなどでのっぺりした足首では太く見えてしまうので、ヒールの高いサンダルを履くか、写真を撮るときだけつま先立ちをするなど、ちょっとした技ではありますが、これをやるとやらないでは大きく写り方が変わります。

 

FacebookやInstagramなど、バンバン写真投稿される現代。その中で「キラッ」と光るあなたに、自己プロデュースするのは如何でしょうか?

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石橋アキ江
この記事を書いた人

放送作家 石橋アキ江

"テレビ番組、ラジオ番組の構成や脚本を執筆中。 中学校教員として十年以上の経験から、現場で悩みを抱える多くの人達に人生は楽しいものだと思ってもらえる作品を提供したいと日々模索中。参加作品「神秘に触れる夜」「ADVANCE EARTH」「携帯恋愛アプリMYNAME」など。"

放送作家 石橋アキ江が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop