リムジン貸切、ラブホOK!人生で一度はやってみたい”パリピ忘年会”

2016/12/11
naokiyama

いつもと同じお店で、同じメンバーと、同じような盛り上がり……。

 

そんなありきたりの忘年会にちょっとアクセントをつけてみませんか。クラブやパーティーといったド派手なイベントを好むテンションアゲアゲの人を“パーリーピープル”(Party People)、“パリピ”などといいますが、今回はそんなパリピたちに倣った、人生で一度はやってみたいハイテンション間違いなしの“パリピ忘年会”をご提案したいと思います。

 

ゴージャスな夜を満喫、リムジンパーティー!

 

夜景を眺めながら、お気に入りの曲をかけて、友達と一緒にワインやシャンパンを楽しむ。たったそれだけでセレブ気分を満喫できるのが、「リムジンパーティー」の醍醐味です。車内にバルーンを敷き詰めたり、花びらを散らしたり、マジシャンを呼んだりと、オプションは会社によってさまざま。六本木や銀座、青山、お台場、横浜など自分でコースもカスタマイズできるため、メンバーの好みやノリを把握しておけば、参加者全員が大興奮するパーティーとなるでしょう。音量や照明も自由に調整できるので、クラブの雰囲気が好きな人には好感触のパーティーです。

 

ラブホ忘年会で“オシャンティー”に盛り上がれ!

 

普段はありえない場所でやるのもおつなもの、それが「ラブホ忘年会」。男女が愛の深さを確かめ合う、非日常的な空間をあえてパーティー会場にするからこそ、独特な雰囲気の中でもみんなでワイワイとハイテンションになれるのです。また、最近のラブホにはカラオケやゲーム機などが設置されているところも多く、盛り上げ上手な人がいないというときに安心です。お酒や食べ物の持ち込みも自由、酔いつぶれて寝るのも自由、忘年会という前提を忘れず、事前に参加者に「酔っても男女の行為に発展するのは禁止です」などとあらかじめ約束事を決めておけば、一晩中楽しい“宴”が開催できるはずです。

 

気分は海外セレブ!船上パーティーでクルーズナイト 

 

大音量の音楽をかけて、ときにはダンスもしながら、ノリノリの夜を過ごしたい__

 

そんなときは「船上パーティー」はいかがでしょう。海に出てしまえば、バカ騒ぎをしても周りの迷惑になることはありません。ドレスコードを設けたうえで、シャンパン、ワイン、カクテル、ビールなどを並べ、料理をビュッフェ形式にすれば、一夜限りの晩餐会の始まりです。お店でやる、やや堅苦しい忘年会と違って、それぞれが思い思いに行動できるので、幹事の仕切りがなくても、気づけば大盛り上がりとなるでしょう。


ただし、船上パーティーの場合、寒さ対策が必須となるので予めご注意を!

 

“パリピ忘年会”で大切なのは、何よりも「ノリとテンションの高さ」です。年長者へのお酌といった気遣い、人間関係の微妙な溝など、面倒なことは脇に置いておいて、参加者全員がハッピーに楽しめます。「自分が楽しいことは、他の人だって楽しい」、を合言葉にまずは自分が楽しむくらいのつもりで企画すると、盛り上がるかもしれません。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事を書いた人

naokiyama

元雑誌の編集担当。政治、経済等。
pagetop