新垣結衣が新ドラマへの思いや30代に入った自分を語る。プライベートでの裏話とは?

2018/09/28
マガジンサミット編集部

「ガッキー」の愛称で知られる女優の新垣結衣さんが、9月28日発売の雑誌「with」11月号の表紙を飾ります。

新垣結衣さんは沖縄県出身の現在30歳。2001年よりファッション誌「ニコラ」のモデルとして活躍。その後は女優として活動し、テレビドラマ「ドラゴン桜」、「コード・ブルー」、「逃げるは恥だが役に立つ」、映画「ミックス。」などに出演。「ミックス。」では第41回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞を受賞しています。

同誌のカバーストーリーのテーマは、「オフの日の新垣結衣さん」。普段はかなりの「インドア派」という新垣さん。今回はwith編集部が考えた妄想シチュエーションで、小道具やぬいぐるみを使いながら「秋の一日を室内で過ごすなら」という設定で撮影を行いました。

インタビューでは、10月から始まる新ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系水曜22時〜)への想いや、30代に入って今考えていること、プライベートでの裏話など、今の新垣さんについて存分に語ってくれています。

その他の特集は、現在、全国ホールツアーの真っ最中のジェジュンさんのインタビュー。次世代のイケメンが勢ぞろいした「PRINCE OF LEGEND×withプロジェクト」には片寄涼太さんが登場。「乃木坂OLプロジェクト」には齋藤飛鳥さんが登場します。

新垣結衣さんが表紙を飾る「with」11月号は9月28日発売です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop