スマホで簡単!自在に色が選べる次世代電球「SmartFX」。寿命はなんと40,000時間

2018/04/19
Shoichi Sato

お部屋の印象の大部分を担っているライト。気分に合わせて色を変えたりできるIot電球「SmartFX」が、クラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGにて日本初上陸を果たしました。

「SmartFX」は電球と直接Bluetoothで接続し、スマホアプリから操作が可能です。カラーオプションはなんと1,600万色。好きな色をタップするだけで、あっという間にお部屋が彩られます。しかも、ライトの寿命は驚愕の40,000時間。消費する電力は標準的な電球の10分の1程度で、地球にも財布にも優しいのです。

また、ワクワクするような機能も搭載。一つはスケジュール機能で、起床と睡眠の時間に合わせて、自動でON/OFF設定ができます。例えば夜10時から暗めの青いライトにして11時に消灯し、朝は6時に爽やかな黄色で点灯といったのもOKです。

もう一つのポイントはディスコモード。これは、音楽に反応して色が変わっていくもの。カラフルな“おうちイルミネーション”が気軽に楽しめます。サプライズなどにもぴったりですね。

限定セットの配送は6月中旬予定

もちろん、通常の電球として使えるのも「SmartFX」の良いところ。明るさは550ルーメンの60ワット球に匹敵します。調光もできるので、居心地の良い空間を思いのまま演出。

恋人といる時はムーディーに、大人数ならクラブパーティーのように。使い方は自分次第です!

同プロジェクトはSHUTTLE COMMUNE合同会社が実施しているもの。同社は「世界をつなぐ架け橋になる」をテーマに掲げ、日本にまだ上陸していない商品を発掘して広めていく輸入代理店事業を実施。「SmartFX」についても、日本正規代理店として国内の技適マーク取得や日本語アプリ制作などを展開します。

何気ない暮らしをもっと明るく、美しく、楽しくする次世代電球「SmartFX」の限定セットは6月中旬に配送予定です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Shoichi Sato
この記事を書いた人

Shoichi Sato

地域ミニコミ紙の編集記者、広告代理店を経てフリーライターとして活動中。趣味は山登りなど、スポーツ全般の元高校球児。未確認生物や宇宙、戦国時代 などが好きなロマン追求型。座右の銘は「気は遣うものではなく、配るもの」。 ブログ:s1-thats-WRITE

Shoichi Satoが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop