マガジンサミット | TVと雑誌がコラボ!おもしろさが発見できるマガジン

TVと雑誌がコラボ!おもしろさが発見できるマガジン

一夜限りの火遊びを…「夏の夜に役立つ危険な心理学」

ライフ・生活情報

2017.07.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ひと夏のアバンチュール」という言葉があるように、夏は「恋愛」「出会い」と異性を感じさせる時期でもあります。一夜限りの甘酸っぱい経験がある人も少なくないでしょう。とはいえ、最近は草食男子に象徴されるように、異性とうまく関われないという人も増えています。そこで、今回は一夜限りの火遊びを経験したい方のために、危険な心理学の数々をご紹介しましょう。

 

「好意の返報性」は序盤に、その後は掛け算

もし、あなたが合コンの冒頭で「けっこうタイプかも」などと言われたら、どんな気持ちになりますか?嬉しくありませんか?このとき多くの人は、声をかけてくれた相手のことを意識して、自分も相手を喜ばせたいという“お返し”の気持ちがわいてきます。こうした心の変化を心理学で「好意の返報性」といいます。

 

この「好意の返報性」、単発では効果が薄いですが、その後に「食事をとり分けてあげる」「こまめにボディタッチをする」「相手を褒める」などと掛け算で使うことで、より距離が縮まりやすくなるという効果があります。とくにライバルとなる同姓がいる中で使うと、自分だけが選ばれたという特別感が働くため、効果的です。

 

吊り橋効果は、「怖がらせる」より「サプライズ」で

 

不安や恐怖を感じているときのドキドキを、恋愛感情と錯覚するという「吊り橋効果」。とても有名な話ですが、だからといって、夏の夜に肝試しに行って、そこから一夜限りの……という状況は難しいでしょう。

 

より確立をあげたければ、雰囲気のいいバーでやると即効性があります。

 

というのも、人は雰囲気に合わせて、自分の心の状態をセットするからです。格闘技を観に行って恋愛ムードになることがないのは、目的が観戦だから。これは逆をいえば、異性を意識しやすい場所に行けば、その場の力を借りることができるともいえます。

 

そんなときのオススメはおしゃれなバーでしょう。そこでちょっとだけドキドキさせるだけでいいのです。「会話するときに顔をちょっと近づける」「サプライズ感のあるオーダーをもらう」「お酒に酔ったふりをして肩をさわる」。たったそれだけで相手と親密な関係になりやすい状況がつくれます。

 

一夜限りだからこそ「バーナム効果」で特別感を

異性とのやりとりに慣れていないと、当たり障りないほめ方で機会を逃すことがあります。そんなときは「バーナム効果」を思い出しましょう。これは誰にでも当てはまる曖昧な表現を言われると、人は自分だけに当てはまっていると思い込む心理現象です。

 

たとえば、「あなたは明るく見えるけど、けっこう寂しがり屋だよね」などと言われれば、「あっ、そうかも」「この人は自分のことをよくわかっている」などと思ってしまいます。誰にだって孤独な部分はあるのに、なぜか自分の本質を言い当てられた気持ちになります。こうした心理現象を巧みに利用するのです。俗にいう遊び人と呼ばれる人は、これをドヤ顔で言います。より自信たっぷりに、心から思っているように言うと、相手からの信頼も高くなります。

 

ここでご紹介したテクニックはほんのごく一部。異性との駆け引きに慣れていないという方は、恋愛力を上げるくらいの気持ちで知っておくといいでしょう。一夜の過ちはあまり深入りしすぎると、思わぬしっぺ返しをくらうこともあります。くれぐれも節度ある行動を心がけましょう。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう!!


この記事を書いた人

naokiyama

元雑誌の編集担当。政治、経済等。

人気記事ランキング

最近人気のあった記事一覧
  • 小嶋陽菜、“ボンキュッボン”に成長したセクシーバニー披露に反響

    小嶋陽菜、“ボンキュッボン”に成長したセクシーバニー披露に反響

  • おやすみ絵本ブーム!大人が面白くて目が冴える「大人向けのおやすみ絵本」とは

    おやすみ絵本ブーム!大人が面白くて目が冴える「大人向けのおやすみ絵本」とは

  • レイプ被害を訴えた女性ジャーナリスト・伊藤詩織が手記『BlackBox』出版。10月18日発売

    レイプ被害を訴えた女性ジャーナリスト・伊藤詩織が手記『BlackBox』出版。10月18日発売

  • 祝40周年!「アメリカ横断ウルトラクイズ」へのレクイエム

    祝40周年!「アメリカ横断ウルトラクイズ」へのレクイエム

  • 浅田舞、圧巻のセクシー美ボディにファン驚愕

    浅田舞、圧巻のセクシー美ボディにファン驚愕

新着記事

  • 「#ちょいボラ」って知ってる? みちょぱがロバートの3人に説く動画で納得

  • 創刊150周年記念!あの『ハーパーズ バザー』がシークレットパーティを日本で初開催

  • 旅先で専用タクシーを活用してみては?穴場へ連れて行ってくれるかも

  • 藤田二コル、雑誌『ViVi』専属に「夢みたい」。最新号でいきなり表紙に抜擢にファン祝福

  • 元サッカー日本代表・川口能活が「ゼクシィ」に登場!結婚秘話から選手人生まで赤裸々告白

関連キーワード