【動画インタビュー】優希美青がラップを勉強⁉ 音楽活動と映画製作の違いを語るANARCHY‼/映画『WALKING MAN』

2019/10/07
マガジンサミット 儀保

YouTube動画:https://youtu.be/0hsgLh9cuRE

10月11日公開の映画『WALKING MAN』。本作は、口下手な主人公がラップを通して成長していく青春物語でありながら、ラップを題材にした音楽映画でもあります。

そんな本作で、ヒロインを演じる優希美青さんと本作で初監督を果たしたラッパーのANARCHYさんに独占インタビューを敢行!! お二人の作品に懸ける思いや見どころを語って頂きました!! 中でも、優希さんの意外な役作りや、ANARCHYさんの音楽活動と映画製作の違いについて語っているシーンは必見です!!

このインタビューを観て、劇場へ行くと作品を倍楽しめること間違いなしです!! 映画『WALKING MAN』は、10月11日(金)より新宿バルト9ほか全国公開となります!!

映画『WALKING MAN』

日本を代表する実力ナンバー1のカリスマラッパーANARCHY(アナーキー)が初監督、人気漫画家の高橋ツトムが企画プロデュース、ドラマ「民衆の敵」などの梶原阿貴が脚本とボーダレスなチームで挑む完全オリジナル作品だ。主演に、ドラマ、映画にとどまらず、ファッションやカルチャーなどエンタテイメントの枠を飛び越えボーダレスに活躍する、『ちはやふる』シリーズ、『帝一の國』、『ビブリア古書堂の事件手帖』などの人気俳優野村周平を迎える。

主人公は、極貧の母子家庭で育ち、幼い頃から吃音症でコミュ障、さらに事故で重症の母親を抱え、思春期の妹を放っておけない気弱で心優しき不用品回収業のアルバイトで生計を立てる青年だ。そんな青年が、RAP 音楽と出会い、最底辺の生活から抜け出すべくバカにされながらも、奮闘し成長を遂げていく鮮烈な青春物語だ。

監督自身の実体験なども盛り込まれた本作は、半実話ともいえる作品となっている。プロデューサーは、『さくらん』、『ヘルタースケルター』、『くちびるに歌を』の宇田充が務める。

野村周平 優希美青 柏原収史 伊藤ゆみ 冨樫 真 星田英利 渡辺真起子 石橋蓮司

監督:ANARCHY 脚本:梶原阿貴 企画・プロデュース:髙橋ツトム

主題歌:ANARCHY "WALKING MAN"(1% | ONEPERCENT)

制作プロダクション:ブロードマークス 配給:エイベックス・ピクチャーズ

製作:映画「WALKING MAN」製作委員会

Ⓒ2019 映画「WALKING MAN」製作委員会

https://walkingman-movie.com/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット 儀保
この記事を書いた人

マガジンサミット 儀保

表の顔はディレクター兼カメラマン。実は、年間700本の映画を観賞する映画好き。どんな作品でもオススメのポイントをピックアップ。映画好きから、普段、あまり映画を見ない方にも、幅広い映画の楽しみポイントをご提供できればと日々邁進中? 映画関連tweetも日々、更新してます @yungibo

マガジンサミット 儀保が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop