川崎あや、桃月なしこ、アンジェラ芽衣ら人気グラドル集結のカレンダー完成!「日本一根暗なアベンジャーズ」を目指す!?

2018/12/26
佐藤 勇馬

(c)佐賀章広

川崎あや、アンジェラ芽衣、黒木ひかり、青山ひかる、桃月なしこ、林ゆめ、十味ら多くの人気グラドルを擁する芸能事務所「ゼロイチファミリア」の2019年カレンダーが完成。「グラビア界のアベンジャーズ」ともいえる豪華でユニークなカレンダーとなっており、その内容やオフショットが公開された。

(c)ゼロイチファミリア

同カレンダーでは、それぞれが個性を感じさせる衣装でワンショットや集合ショットを披露。グラビアの定番である水着姿をはじめ、コスプレやマジシャン衣装などをまとい、思い思いのポーズを決めている。普段のグラビアとは一味違ったフリーダムな雰囲気で撮影されており、モデルとしても活躍しているアンジェラ芽衣はイベントで身に着けてから大のお気に入りになったという「カニの被り物」で参戦。このカレンダーでしか見られない一面が詰まった特別な作品となっているようだ。

(c)ゼロイチファミリア

カレンダー制作は、所属タレントから10人が選抜された。みんな個性はバラバラ、根暗タイプや人見知りが多いという彼女たちだが、それぞれの「特殊能力」によって同じ事務所に集まった仲間でありライバル。特殊能力を持った個性的なヒーローたちが集結する映画「アベンジャーズ」になぞらえて、「日本一根暗なアベンジャーズ」を目標にしているという。

(c)ゼロイチファミリア

今年はグラビア界で「ゼロイチ旋風」が巻き起こり、川崎や桃月らが数々の雑誌で表紙を飾った。今回のカレンダーは、その勢いのすさまじさを感じさせる出来栄えになっているともいえる。豊かな個性と特殊能力を持った「グラビア界のアベンジャーズ」の人気は高まる一方となっており、来年も我々ファンを楽しませてくれそうだ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

佐藤 勇馬
この記事を書いた人

佐藤 勇馬

新宿・大久保在住のフリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にスカウトされて以来、芸能、事件、ネットの話題、サブカル、漫画、プロレスなど幅広い分野で記事や書籍を執筆。著書に「ケータイ廃人」(データハウス)「新潟あるある」(TOブックス)など。 Twitter:ローリングクレイドル

佐藤 勇馬が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop