あなたが描いた絵が世界と繋がり動き出す!KDDIとチームラボが自宅でも楽しめる体験型アート展を開催

2021/03/08
マガジンサミット編集部

KDDIが4日、GINZA456でチームラボと共同し、通信やスマートフォンを活用した体験型アート作品展を開催することを発表しました。入場は予約制で、入場料は無料。オンラインでも体験できます。

会場では何やら怪しげなBGMが

会場ではゆったりと流れる和楽器のBGMと超獣の鳴き声が響き渡りどこか怪しげな雰囲気に。さらに穏やかに光る壁面には墨と筆で描かれたキャラクターたちが行進しています。

幻想的だが子供の頃に見た昔話の世界観が広がっています。

歩くキャラクターは世界中から届く

このキャラクターは、通信の技術によって誰でも用紙に描いた絵をアップロードすると、壁面に登場させることができます。

キャラクターが歩き出す時は、描かれた場所の町名が表記され、GINZA 456や自宅から参加可能で、世界中の人たちとつながった巨大な作品空間を創ることができます。

キャラクターを描く用紙は公式サイトからダウンロードでき、紙に印刷してから絵を描いて写真を撮ってアップロードできる。スマートフォン上で直接描9こともできます。

Youtubeで鑑賞する場合は、「Walk, Walk, Walk Home」と検索。

オンラインでは3月4日から参加可能となっており、GINZA 456では3月22日(月)から展示開始予定です。

(絵に触れると)

(振り向いて鳴いてくれる)

会えないけど繋がっている幸せを

チームラボの担当者に話を聞くと「会えないけど繋がっている感じを体験できる。ステイホームで同じ東京にいても会えない人たちが、みんなで一緒に絵をアップロードしたらYouTubeライブで一緒に見れるのである意味、一緒に作品を作っている感覚。

コロナ禍の中で(作品を通して)繋がっているのを体験できて幸せを感じられたらいいなと思ってます。」と魅力を明かしてくれました。

第2弾「捕まえて集める境界のない群蝶」

また、4月中旬ごろからは壁面に舞う蝶を自分のスマホで採集できる「捕まえて集める境界のない群蝶」も体験できる予定です。

5Gによってもたらされる、リアルな世界とデジタルな世界の境界がなくなる未来を想像したプロジェクトとなっており、スマートフォン用のGINZA 456専用アプリを使ってさまざまな種類の蝶を捕まえ、観察し、自分だけのコレクション図鑑を作成していくっといったものなってます。

デジタルとアナログの融合体験など、次世代の体験を実際に楽しめる「GINZA 456」。気になる方は、ご予約の上ぜひ体験してみてください!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞
    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop