みんなのキボウを実現させるプロジェクト「#キボウノアカリ」がスタート!テーマソングは「サスケ」が作成!

2021/03/23
マガジンサミット編集部

近年、耳にすることが増えた「クラウドファンディング」という言葉。発起人が何かの目標を実現するため、他の人々が資金を援助するという仕組みですが、この度、人々の希望することを募集しクラウドファンディングで実現させていく取り組み「#キボウノアカリ」が開始されることとなりました。

#キボウノアカリ

キボウノアカリ実行委員会は、3月23日(火)より、みんなのキボウを募集して集まったキボウを実現していく取組み「#キボウノアカリ」を開始することに。みんなのキボウは#キボウノアカリ公式ホームページにて募集され、応募されたキボウの中からいくつかのキボウはクラウドファンディングを使い、実現されていきます。

#キボウノアカリ公式ホームページ :https://kibounoakari.com

参加方法は、公式ホームページにあなたの叶えたいキボウを投稿。そのキボウを#キボウノアカリ公式twitterにフォロー&シェアすると、公式ホームページ内に自分の投稿したキボウがデザインされたKIBOU-CUBEが出現します。

#キボウノアカリ公式twitter :https://twitter.com/akari_kibou

サスケが公式テーマソングを担当!

今回行われる取組み「#キボウノアカリ」では、男性フォークデュオ・サスケがテーマソングを担当。サスケは2000年に結成された北清水雄太さん(Vo&G)と奥山裕次さん(Vo&G)による2人組。2004年に発表されたシングル「青いベンチ」が大ヒットし、話題になりました。

サスケの二人は「#キボウノアカリ」の主旨に賛同したことから、テーマソングを担当することに。あなたの投稿したキボウが歌詞に採用されるかもしれません。

キボウノアカリ実行委員会・稲垣貴宣さんコメント

どこか元気なくなっている、何か悶々としている。いまのニッポン、そして世界。我慢の連続ですよね。みんなが我慢する社会、どこか息苦しさすら感じます。だからこそ、希望を語る。夢を見る。そんな前向きな社会、そんな姿勢でいたい。少しくらい青臭くてもいいんじゃないか。みんなが希望を発信して、みんなの希望が集まり、誰かの希望を応援する。そんな世の中になったらいいなぁー!というのが、プロジェクトの発足のスタートでした。

キボウを発信したい人、応援したい人、見たい人、どんな形でもプロジェクトに参加してくれたら最高です。「発信する人」と「応援する人」のつながりをデザインする、ソーシャルプラットフォーム「#キボウノアカリ」でウェルビーイングな時間を体験しませんか。

皆の叶えたいキボウを募集するプロジェクト「#キボウノアカリ」は3月23日(火)よりスタートです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞
    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop