マガジンサミット | TVと雑誌がコラボ!おもしろさが発見できるマガジン

TVと雑誌がコラボ!おもしろさが発見できるマガジン

高知が泥酔状態!全国屈指の奇祭『おきゃく』でベロベロ

旅行・グルメ

2016.03.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしが高知に移住して早くも半年。たった半年だが思い切って言いたいことがある。それは、

 

高知≒お酒

 

ということ。これだけは声を大にして言いたいのだ。

 

先日お隣の徳島県でも飲み会に参加したのだが、やはり高知と違っておとなしい感じがした。いや…徳島がおとなしいのではなく、やっぱり高知が凄まじいだけかもしれない。

 

総務省の家計調査によると、一世帯あたりの飲酒費用は全国平均が16,929円であるのに対し、高知県は36,488円と全国トップである。2位の石川県とは1万円以上の差がある。

 

数字でも明らかになっている“お酒国高知”だが、それを象徴するかのような奇祭が毎年3月に行われているのはご存知だろうか?

おきゃく

その名も【おきゃく】

 

2006年に開始して今年で11回目。9日間開催されるこのお祭りは、公式サイトには「高知の街を会場にした、大きな宴会のようなイベントです。」とあるが”そんなもんじゃない”のである。もっと”壮大かつ豪快な”イベントなのだ。

 

おきゃく

 

なんと開催中の12日・13日は、高知市中心の商店街や居酒屋の軒先にこたつを設置してただひたすらにドンチャン騒ぎをする。

 

 

【おきゃく】のゆるキャラ??

そもそもこの人形はいったいなんなんだ? 調べてみると以下のことがわかった。

 

・高知の一部の酒飲みたちの間で噂されている「べろべろの神様」

・正直だが気まぐれ

・降臨すると、まばゆい光に包まれる

・出会った翌朝には、世界中の不幸を一手に集めた気分になる

・ご利益:健康良酒、階段無落、女子力増、精力強壮etc...

・高知を代表するフィギュアイラストレーターのデハラユキノリ氏が偶像化

 

この神様が、降臨され飲みまくるお祭りが【おきゃく】なのだ!

 

おきゃく

お座敷・棚田・マンガ県高知もまるっとPR!

期間中は、さまざまなイベントが開催される。例えば、ひとつは土佐のお座敷体験。

 

【べく杯】がもっとも有名だろうか?これは天狗・ひょっとこ・おかめの形をしたそれぞれの器でお酒を飲み合う、高知のお座敷遊びにはかかせないアイテムだ。

 

ひょっとこは口に穴が空いているため、一度お酒を注ぐと置くことができない。指で口をおさえつつ、飲み干さなければいけないのだ。

 

おきゃく

 

天狗は穴こそ空いていないものの、鼻が邪魔でこちらも置くことができない。これら3種類の絵が描かれているコマを回し、出た絵の器でお酒を飲むのだ。

 

天狗もしくはひょっとこに当たると嫌がると思いきや、高知の人は喜ぶんだとか。なんでも「飲むための遊び」だという。

 

また、賑わいを見せるのは、市内中心部だけではない。自然豊かな高知県長岡郡本山町では【棚田レストラン】なるものも開催される。土佐あか牛やジビエをはじめとする地元食材を、文字通り【棚田】の中で食す体験もできる。

 

この他にもスポーツイベントや音楽イベントも目白押し。やなせたかしさんや漫画家の西原理恵子さんの輩出した漫画県でもあるため、漫画家大会議なんかも開催される。開催中5万人以上が訪れるというのだ。

 

西原先生のラッピング電車もお披露目

市内を走る路面電車の中で宴会をする『土佐のおきゃく列車』。週刊誌SPA!で不定期連載中のルポ漫画『できるかな』の企画の一環で“サイバラ電車できるかな?”と、クラウドファンディングで寄付を募集。見事、目標金額を集めて誕生したのが『サイバラおきゃく電車』だ。

 

 

かの吉田類先生も高知の出身なのだ!

酒好きのなかで、今、もっとも崇めたてまつられている御仁が吉田類先生だと思うのだが、もちろん高知県出身!

 

「お酒の飲み方はいろいろあるが、とにかく楽しく飲むのが吉田流。お酒自体が、心と体が楽しむためのツールであるという。生まれは、高知県の仁淀川町。」
「特に心がけているのは、飲んだ分だけ運動するといこと。自宅近くの多摩川沿いや里山をジョギングに近いスピードで、時間をかけて歩くの日課。」
「ストレスを感じながら飲んだら逆効果。楽しく、おいしく飲むから体にいい。だからおのずとそういう場所に足が向くのです」
1169285
栄養と料理 2014年10月号 【特集】酒場のアイドル吉田類さんにインタビュー(引用文P8-9)
Fujisan.co.jpより

 

良いお酒は健康の秘訣!日本全国の酒場放浪を続ける吉田先生は、飲みつづけるために歩くのか、飲んだから歩くのか…いずれにせよ、吉田先生が“べろべろの神様”に一番近い存在なのかもしれない。

 

まだ【おきゃく】に参戦されてない全国の酒好きの皆様!来年の3月、高知でお待ちしております!

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう!!


この記事を書いた人

サトモトヒロノリ

"フリーライター。1989年生まれ。佐賀大学大学院農学研究科修了。 佐賀県武雄市役所に入庁するも1年4ヶ月で退職。プロブロガー、イケダハヤト氏のアシスタントを務める。個人運営ブログを中心に取材活動中。"

人気記事ランキング

最近人気のあった記事一覧
  • 小嶋陽菜、“ボンキュッボン”に成長したセクシーバニー披露に反響

    小嶋陽菜、“ボンキュッボン”に成長したセクシーバニー披露に反響

  • おやすみ絵本ブーム!大人が面白くて目が冴える「大人向けのおやすみ絵本」とは

    おやすみ絵本ブーム!大人が面白くて目が冴える「大人向けのおやすみ絵本」とは

  • レイプ被害を訴えた女性ジャーナリスト・伊藤詩織が手記『BlackBox』出版。10月18日発売

    レイプ被害を訴えた女性ジャーナリスト・伊藤詩織が手記『BlackBox』出版。10月18日発売

  • 祝40周年!「アメリカ横断ウルトラクイズ」へのレクイエム

    祝40周年!「アメリカ横断ウルトラクイズ」へのレクイエム

  • 浅田舞、圧巻のセクシー美ボディにファン驚愕

    浅田舞、圧巻のセクシー美ボディにファン驚愕

新着記事

  • 「#ちょいボラ」って知ってる? みちょぱがロバートの3人に説く動画で納得

  • 創刊150周年記念!あの『ハーパーズ バザー』がシークレットパーティを日本で初開催

  • 旅先で専用タクシーを活用してみては?穴場へ連れて行ってくれるかも

  • 藤田二コル、雑誌『ViVi』専属に「夢みたい」。最新号でいきなり表紙に抜擢にファン祝福

  • 元サッカー日本代表・川口能活が「ゼクシィ」に登場!結婚秘話から選手人生まで赤裸々告白

関連キーワード