住民参加型の連続ミステリードラマ『大子町殺人事件』本日14時から放送!

2016/01/11
マガジンサミット編集部

茨城県大子町のコミュニティ放送局「FMだいご」(77・5MHz)は、高齢化率が40%に達し、県内でも最も高齢化が進む久慈郡大子町の活性化を目指して、住民参加型の連続ミステリードラマ『大子町殺人事件』の製作に取り組み、1月11日(月)より同局で放送開始します。

 

同ドラマは、大子町に起こる不可思議な事件を中心にストーリーが展開されます。大子町の名所・旧跡が舞台として登場するだけではなく、ストーリーを進行する2人の刑事役以外はすべて町民が声優として出演!

 

BGMも町民が制作

大子町殺人事件

 

さらには、音楽好きの町民が楽器で奏でるメロディーを収録してBGMに仕立てたり、水郡線の汽笛をはじめ実際に町に流れる様々な音を集めて効果音にしたりする等、まさに”地産地消”、大子町総出で作り上げた作品になっています。

 

ドラマに出演した町民は、下は5歳から上は78歳までの総勢28名が出演しています。最初は不安そうにしていたものの収録を終えた後は「うまくできた、もっとやりたい!」「今から放送が楽しみ!」と、一様に楽しんだ様子で、早くも町民たちが盛上がりをみせています。

 

【番組概要】

タイトル   :住民参加型ミステリードラマ『大子町殺人事件』

放送期間   :1月11日(月)より毎週月曜12週連続

放送時間   :14:00~/18:30~(再放送) ※1〜11話は約5分・最終12話は約10分尺を予定。

WEBサイト :http://www.fmdaigo.jp 番組特設サイトでも視聴可能

番組内容   :大子町で起こる不可思議な事件を中心に、大子町の町民のみなさまが声優として登場しストーリーが進行していく住民参加型の連続ミステリードラマ。

あらすじ   :茨城県大子町にある袋田の滝で、女性の遺体が見つかった。発見したのは五人の男女。しかし、彼らが警察を呼びにその場を離れた約十分の間に、血で書かれた『狐』という文字を残し、その遺体は忽然と消えた。そして現場近くから見つかった犯行に使われたと思われるナタについていた指紋の主は、五年前に既にこの世を去っていた。積み重なる不可解な情報。複雑に絡み合う人間関係。事件の背景には、何が存在するのか・・。

 

監督:清川 進也氏のコメント

大子町でしか聞くことのできない音をそのまま素材として使うことにこだわりました。それらは劇中の場面転換の効果音として活用したりと、『大子の音』を余すことなく使用しています。また、町民の皆さんには様々な楽器を持ち寄って頂き、その場でメロディーを一緒に考えながらBGMを作り上げました。限られた時間の中での録音でしたが、ジャムセッションを繰り返しながらコミュニケーションを深め、徐々に息のあった音楽制作が行えたと思っています。

茨城県大子町とは

1154752
月刊みと 2014年11月号
 ふじ工房
『大子町の観光&グルメ情報-色づく大子をめぐる』

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop