人気ブランドやインポートウエディングドレスのレンタルがこの値段。見栄えする予約殺到のドレスを実際に調べてみた

2019/04/26
マガジンサミット編集部

花嫁さんにとって、何よりもこだわりたいのがウエディングドレス。低価格帯のドレスを賢く選ぶのは良いけれど、チープなデザインや安っぽい生地は困るし、人気ブランドやインポートドレスも外せない…

そこで今回は、自分らしさを演出しながら失敗したくない花嫁さんにむけて、記者がお値段以上に見えるドレスやアクセサリーなどを検証してきました。レースのデザインや生地の質などを直接確かめて、お店の方にも取材。評判やレンタル人気の高いおすすめウエディングドレスを紹介します!

編集部が【ブライダルHIRO】をおすすめしたい理由

取材に伺ったのは、東京目黒区にあるウエディングドレスのレンタル&セルブティックの専門店【ブライダルHIRO】です。国内外の有名ブランドや新作ドレス、クラッシックドレスなど人気のウエディングドレス1000着、和装きもの3000点を取り揃えており、店内だけでも500着以上のドレスがあるそうです。

ブライダルHIRO公式サイトへアクセス

【ブライダルHIRO】が、花嫁さんから人気の理由はお値段以上のセミオーダードレスが、必ず見つかること。そして、追加料金なく最大3週間までレンタルが可能、2週間前までならば衣装の交換が可能など、有難いほどに融通の利くシステムにあります。さらには、試着に時間制限がなく、まるで自宅のクローゼットを開くかのように納得のゆくまで何着も試せることもおすすめしたい理由のひとつです。

試着しながらの撮影も可能なため、例えば、インスタグラムに結婚式までのストーリーを掲載したり、「いいね!」の数で候補ドレスの客観的な評判を確かめたりできるのもポイントが高いですね!

低価格=チープなドレスではない!

【ブライダルHIRO】では、一般的なドレスショップのレンタル価格と比べ同じドレスでも30%~70%とお求めやすくなっています。

花嫁さん自身でドレスショップを探す必要のあるときは、このような専門店を活用し賢いドレス選びをするのが大切。ブライダル衣裳専門店ならではの豊富な品揃えと、ケアの良さなどをしっかり吟味することからウエディングドレス選びの準備は始まります。

衣装の「持ち込み料」が発生するホテルや式場もありますが、それを加算したとても【ブライダルHIRO】でのレンタル価格は断然、お得。なかには「持ち込み料」の発生しない式場や、交渉によって「持ち込み料」を値下げする式場やホテルもあります。契約前にきちんと確認すると良いですね。

知って得する【ブライダルHIRO】の嬉しすぎるサービスの詳細はこちらの専用HPへ

レンタル人気の高いおすすめのウエディングドレスを紹介

さて、いよいよドレス選びを開始しますが、カタログで見るのと実際に見るのとでは印象が違うこともありますよね。そこは花嫁目線でしっかりとチェック! 2019年現在のトレンドを【ブライダルHIRO】のスタッフさんに伺いつつ、特にレンタル数が多く、人気の高いウエディングドレス(またはブランド)6選を紹介します。

ヴェラ・ウォン(VERA WANG

ニューヨーク発のインポートブランドで、大人気のヴェラ・ウォン(VERA WANG)ですが、そのなかでも【ブライダルHIRO】がおススメするのが、アイボリーとオフホワイトが折り重なったAラインのソフトマーメイドドレスです。

写真右)サイドから流れるようにデザインされたパイピングトレーンがエレガント。

ヴェラ・ウォンといえば幾重にもなったチュールフリルが特徴的で、シフォン系の生地をあえてバッサリと無造作に裁ったようなデザインは、まるでローマ神話に登場する女神のように甘く軽やかな雰囲気を演出してくれます。

【ブライダルHIRO】スタッフ: 最近は、ヴェラ・ウォン(VERA WANG)に代表されるような、優しいナチュラルニュアンスの大人スドレスが人気です。カラーも“真っ白”すぎない、少し生成りがかったホワイトなど、アンティーク要素を取り入れたドレスが流行しています。

レンタル料金 98,000188,000

エマリーエ(EMarie

上品なカラーに立体感のある丁寧な縫製、花びらが重なったようなスカートのデザインには、誰もが思わず「美しい…」と呟いてしまうこと間違いなしです。

可愛いだけでなく知的な雰囲気も演出できる唯一無二の存在感はさすが。格式の高いホテルの披露宴から解放感あふれるガーデンウエディングまで、どこで披露しても恥ずかしくないドレスです。正直、このお値段で着られるなんて! 出会ったからには試着したいと思う花嫁さんも多いはず。

【ブライダルHIRO】スタッフ: エマ理永さんのドレスには、他のドレスにはない優雅さがあり、日本人ならではの美しさを引き出してくれます。花嫁さんだけでなく新郎やご家族様からもとても評判が高いブランドです。

レンタル料金 188,000

□ハーディエイミス(HARDY AMIES)

今、注目なのが“プリント柄“。お色直しで披露する他に、ガーデンウエディングの主役としてもピッタリ。とにかく目立ちます。

選ぶポイントは、ベタな花柄プリントでなく洗練された柄であるか否か。今回は正統派ブリティッシュ・スタイルの代表、ハーディエイミス(HARDY AMIES)のプリント柄ドレスをご紹介していますが、他ブランドからも、プリント柄生地にシフォン生地を重ねた、ふんわり淡い“お花畑“のようにデザインされたものなどが発表されています。

【ブライダルHIRO】スタッフ:インパクトのあるプリント柄は2019年ごろから流行の兆しがあり、トレンドのリゾートウエディングやガーデンウエディングにもよく馴染みます。海や緑に囲まれた場所では、これくらい印象的なデザインでも違和感なく溶け込め、大人の華やかさを演出できます。

レンタル料金 168,000188,000

□キヨコハタ(KIYOKO HATA)

カラードレスで人気なのが、“360度、恋するドレス”のキャッチコピーでお馴染みのキヨコハタ(KIYOKO HATA)のドレス。大胆にデザインされたスカートのフリルやコサージュは離れた場所から見ても目立ち華やかです。

独特のAラインドレスは、腰がより細く、顔が小さく見える効果もあり、昔、物語で読んだプリンセスがそのまま現実になったかのよう。どの角度から見てもドレスの表情が違い美しさの演出に妥協がありません。

【ブライダルHIRO】:スタッフ 秦 清子さんのデザインは、大胆なコサージュやフリルのアレンジ、グラデーションなどが印象的です。またスパンコールやラインストーンの散りばめ方が極めて繊細で、カタログで見ても美しいのですが実際に着るともっと煌びやかで美しいです。

レンタル料金 ¥128,000~188,000

□イサムモリタ(ISAMU MORITA)

花嫁の気品と“切ないほどの美しさ”を表現させたら右に出るものはいないと言われるイサムモリタ(ISAMU MORITA)のドレス。クラシカルなデザインのなかにも、色あせない瑞々しさが感じられます。

異素材を組み合わせた繊細なレースデザインは他のドレスと一線を画したモダンさがあり、特別な日にふさわしいドレスだと感じました。デコラティブな刺しゅうデザインも程よい大人なゴージャス感です。

【ブライダルHIRO】:スタッフ しっとりとした気品や落ち着いた艶っぽさを求める花嫁さんに人気。なかでも、さりげなく肩やデコルテを覆う袖のあるタイプに定評があります。ご家族の方にも評判も良いブランドですね。

レンタル料金 188,000

□マリアローザ(MARIAROSA)

旬のドレスと出会いたいならば、まずはマリアローザ(MARIAROSA)を検索してみることをおススメします。自由でオシャレな「ビー・ビー・デュオ」、クールでスタイリッシュな「charm」、花嫁の自然体な美しさを追及した「NATURAL BEAUTY」など、トレンド要素を効果的にあしらいつつ幅広い年齢にあわせたドレスが見つかります。流行を取り入れた、自分らしい愛されドレスを探している花嫁さんに人気です。

【ブライダルHIRO】:スタッフ 様々なタイプのドレスがあり参考にされる方が多いブランドですが、今回おススメなのが「NATURAL BEAUTY」の後ろ姿が美しいタイプ。取り外しが可能なトレーンは、挙式と披露宴とでドレスを2Wayで楽しみたい花嫁さんに選ばれています。

豊富なウエディングドレスやアクセサリーのレンタルが可能

いかがでしたか?ご紹介したブランドのウエディングドレス以外にも、新進気鋭のデザイナーが手掛けるドレスや超有名老舗ブランドのドレス、世界中の花嫁が憧れるインポートブランドのドレスなど1000着があなたを待っています。一緒に花嫁さんを彩るアクセサリーや花飾りも豊富。ぜひウエディングドレスのレンタルをご検討にしている方は参考にしてみてください。

【ブライダルHIRO】

東京都目黒区碑文谷5-2-5  T&Aビルディング3F

TEL:03-3713-5533 / FAX:03-3793-1396

営業時間: 10:00~19:00 (水曜日定休)

ブライダルHIRO公式サイトへアクセス

東急東横線「学芸大学」東口、りそな銀行を右折して徒歩7分。

目黒駅西口より 0・4・5番乗場のバスで「碑文谷5丁目交番」下車すぐ。自家用車をご利用の場合は、駐車場がないため近隣のコインパーキング、または向かいのイオンスタイルの駐車場をおすすめしています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop